カジノの戦略【ベッティングシステム】

グッドマン法(1235法)とは?連勝時に使える守備型の必勝法

グッドマン法

グッドマン法や○○法という特殊な賭け方(必勝法)は数多く存在します。

それらの方法は配当倍率(オッズ)、勝率、ある特定の状況などで使える、など条件はありますが基本的に総収支がプラスになるように考えられて作られています。

この記事では、グッドマン法の概要、条件と確率、実際のシュミレーションや他の必勝法との比較ついて解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

グッドマン法(1235法)とは?

グッドマン法は別名(1235法)とも呼ばれ、コツコツ小さな利益を積み上げていくローリスクローリターンな守備型の必勝法になります。そしてグッドマン法は連勝した時に使用できる方法で、配当倍率が2倍で勝率が50%のゲームが最も効果的です。

グッドマン法(1235法)の賭け方

グッドマン法の賭け方は以下の様になります。

①:$1→$2→$3→$5の順番で賭けていきます。(一度で賭ける額⦅1ユニット⦆は$10でもOK)

②:勝ったら次の数字に進み、連勝を重ねてグッドマン法の上限【$5】に到達したら負けるまで$5を賭け続けます。

③:負けたら最初からやり直しになります。

④:引き分けは勝敗に関係ないものとなりますので次のゲームで同じ金額をベットします。

例1:ヨーロピアンルーレットの赤でグッドマン法を行い【4連勝】したとします。

ゲーム数  ベット額 勝利時の払戻し  勝負結果 総収支
1回目 $1 $2 勝ち〇 +$1
2回目 $2 $4 勝ち〇 +$3
3回目 $3 $6 勝ち〇 +$6
4回目 $5 $10 勝ち〇 +$11

この表で2回目の勝ちで総収支が+$3になっています。そして3回目で賭ける額も$3ですので負けても総収支がマイナスになることはありません。

また3回目で勝った場合の総収支は+$6になり、4回目に賭ける額が+$5ですので時点で$1の利益が出ています。

例2 次に同じ条件で【4連敗】したとします。

ゲーム数  ベット額 勝利時の払戻し  勝負結果 総収支
1回目 $1 $2 負け× -$1
2回目 $1 $2 負け× -$2
3回目 $1 $2 負け× -$3
4回目 $1 $2 負け× -$4

グッドマン法は負けるとベット額が$1に戻るので例え連続で負けたとしても損失は$1ずつしか増えていきません。

例3 そして最後は【勝ち負けが交互するパターン】です。

ゲーム数  ベット額 勝利時の払戻し  勝負結果 総収支
1回目 $1 $2 勝ち〇 +$1
2回目 $2 $4 負け× -$1
3回目 $1 $2 勝ち〇 0
4回目 $2 $4 負け× -$2
5回目 $1 $2 勝ち〇 -$1
6回目 $2 $4 負け× -$3
7回目 $1 $2 勝ち〇 -$2
8回目 $2 $4 負け× -$4

グッドマン法の連勝時は利益を残しながら戦っていき、連敗した場合でも損失は$1ずつしか減らない方法でしたが、50%のゲームで一番よくある【勝ち負けが交互するパターン】では損失が加算されてしまいます。

このようになった場合は損切りを行うか、違う必勝法に切り替える方がおすすめです。

またマーチンゲール法やパーレー法など違い、グッドマン法はブレ幅が小さい必勝法です。ですので深追いはせず利益が出たらすぐやめる短期戦や、連勝が続くようであれば長期戦に持っていくなどその時の状況によって立ち回りを変えることも可能な必勝法です。

  • 連勝が続くと強く、勝ち負けが交互するパターンでは弱い
  • 2連勝ができたら3回目に負けても総収支は±0
  • 3連勝すれば4回目に負けても総収支はプラス
  • 連敗しても$1ずつしか減らない

グッドマン法(1235法)に必要な条件とゲーム別期待値

グッドマン法を使える条件はこの2つが揃ってないと使えません。

  • 配当倍率が2倍であるゲーム
  • 勝率が50%に近いゲーム

「配当倍率が2倍で勝率が50%に近いゲーム」で有名なゲームというと、バカラ、ルーレット(ヨーロピアンタイプ)、ドラゴンタイガーなどがあります。

ルーレットに関してはアメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットがありますが、アメリカンは0と00があります。それに対しヨーロピアンルーレットは0しかないので、勝率がアメリカンよりヨーロピアンの方が高いです。

ルーレットでもさらにラ・パルタージュシステム(0に入ると半額戻されるシステム)が採用されている場合のフレンチルーレットもあり、配当倍率が2倍だと期待値が約98.64%になりまが、今回は採用されていないヨーロピアンルーレットで設定と数値を出しています。

それぞれの勝率と配当は以下の様になります。

バカラ ヨーロピアンルーレット ドラゴンタイガー
配当倍率 プレイヤー 2倍
バンカー 1.95倍
ブラック&レッド 2倍
ODD&EVEN 2倍
1-18&19-36 2倍
ドラゴン&タイガー2倍
勝率 44.62%:45.86% 48.64% 46.27%
期待値 89.24:89.42 97.28 92.54

バカラのプレイヤーは配当倍率が2倍なのですが勝率がバンカーに比べてやや低く、ドラゴンタイガーはタイ(引き分け)の時に掛け金が没収されるため、ヨーロピアンルーレットがおすすめです。

グッドマン法(1235法)のメリットデメリット

グッドマン法のメリットデメリットを紹介していきます。メリットデメリットを比較して自分に合っている必勝法なのかを見極めてください。

グッドマン法(1235法)のメリット

  • 大きく損失をする可能性が低い
  • テーブルリミットを気にしなくよい
  • 連勝後は連敗してもしばらくプラスでいられる
  • 長期戦と短期戦どちらでも使える

グッドマン法(1235法)のデメリット

  • 連勝しないと利益が出ない
  • 大きく勝ちたいなら長期戦になることが多い
  • 勝ち負けが交互すると損失になる

グッドマン法(1235法)実践シュミレーション

それでは実際にヨーロピアンルーレットでグッドマン法を実践シュミレーションしていきます。まず配当が2倍のベットゾーンですが

ルーレット7こちらの枠内全てが配当2倍になります。今回はブラックに賭けながらグッドマン法を検証していきます。

1ゲーム目

ルーレット2

まずは$1賭けで1勝をする事ができました。次のゲームは$2を賭けていきます。

2ゲーム目

ルーレット3

2ゲームは赤が出てしまい負けてしまいました。ここでレッドに賭けを変える事も出来るのですが長くプレイすればお互いの確率はほとんど50:50に収束していくので、もう少し様子を見るために同じブラックに賭け続けます。

3ゲーム目

ルーレット4

3ゲーム目もレッドに落ちました。ここまでの総収支は-$2になります。

4ゲーム目

ルーレット6

4ゲーム目も負けてしまいました。

そしてこの後トータル12ゲーム目まで回し+$3のところで終了しました。その結果を表にするとこのようになりました。

ゲーム数  ベット額 勝利時の払戻し  勝負結果 総収支
1回目 $1 $2 勝ち〇 +$1
2回目 $2 $4 負け× -$1
3回目 $1 $2 負け× -$2
4回目 $1 $2 負け× -$3
5回目 $1 $2 勝ち〇 -$2
6回目 $2 $4 勝ち〇 0
7回目 $3 $6 勝ち〇 +$3
8回目 $5 $10 負け× -$2
9回目 $1 $2 負け× -$3
10回目 $1 $2 勝ち〇 -$2
11回目 $2 $4 勝ち〇 0
12回目 $3 $6 勝ち〇 +$3

グッドマン法を実践シュミレーション結果
(ヨーロピアンルーレット 12回 ブラックに賭け続ける)

  • 勝ち 7回
  • 負け 5回
  • 引き分け 無し
  • 勝率 58.3%

※実践シュミレーション回数が少ないため少し勝率が上がっています。

結果の通りグッドマン法はかなりブレ幅の小さい攻防戦となります。しかし負けても$1ずつしか減らない守備型の必勝法です。

今回のプレイではブラック:レッドが7:5と回した回数が少ない為少し勝率が理論値より高い数値になっていますが、【勝ち負けが交互するパターン】でしたのでグッドマン法を使うとマイナス収支になってしまう傾向にあります。

ですのでプラス収支が出た12回目で引き上げる事にしました。

このようにテーブルの偏りや傾向によって連勝がなかなか見込めない時は短期戦へ切り替える事も必要になってきます。

グッドマン法(1235法)とフラットベットの比較

Youtubeにてオンラインカジノ ジパングカジノ様よりグッドマン法と※フラットベットを比較している動画がありましたので参考にさせて頂き比較してみます。

※ラットベットとは平らで変化がないという意味の賭け方。

例:ずっとレッドに$1を賭け続けるなど。動画5:43~

比較方法はグッドマン法をバカラで1,000回行い比較をした内容になっています。

グッドマン法を実践シュミレーション結果
(バカラ 1,000回 プレイヤーに賭け続ける)

  • 勝ち 473回
  • 負け 429回
  • 引き分け 98回
  • 勝率 52.44%

この結果を元にグッドマン法とフラットベットを算出しています。

ベット方法 ベット額 払戻し金額 総収支 ペイアウト率
グッドマン法 $1,847 $1,927 +$80 104.33%
フラットベット $1,000 $1,044 +$44 104.40%

グッドマン法とフラットベットのペイアウト率ではフラットベットの方がよい結果になっていますが、総収支はグッドマン法を使用した方がプラスになっています。

ペイアウト率はフラットベットに比べてグッドマン法の方が低いのに、なぜ総収支はグッドマン法が上回るか?というと疑問が出てくると思います。

それはグッドマン法を使用した場合は同じ連勝をしたとしても$1→$2→$3→$5と賭け額が増加していくため、総収支も同様に$2→$4→$6→$10と増加していきます。

フラットベット法は連勝したとしても払戻し額が常に$2と均一ですのでここにグッドマン法との大きな差が出てきてしまいます。

このようにフラットベットは攻めも守りもないスペックの賭け方ですが、グッドマン法やその他必勝法を使うことで利益を生み方も変わっていきます。

グッドマン法とパーレー法の4連勝後1敗の比較

同じ条件である【連勝した時に使える必勝法】のグッドマン法とパーレー法をそれぞれ4連勝後に1敗した時で比較してみたいと思います。

例:4連勝後に1敗した時の比較

グッドマン法 パーレー法
ゲーム数  勝負結果 ベット額 総収支 ベット額 総収支
1回目 勝ち〇 $1 +$1 $1 +$1
2回目 勝ち〇 $2 +$3 $2 +$3
3回目 勝ち〇 $3 +$6 $4 +$7
4回目 勝ち〇 $5 +$11 $8 +$15
5回目 負け× $5 +$6 $16 -$1

結果 総収支グッドマン法+$6:パーレー法-$1

やはり同じ連勝数であればパーレー法が強いことがわかります。しかしパーレー法は勝ち進むに連れてテーブルリミット(マキシマムベット)にも近づいていきますし、もし負けた時は一気に損失を出してしまいます。

そうしてみるとグッドマン法は連勝した時の総収支はパーレー法に劣りますが、一度負けても利益が全てなくなり損失を出すことはありません。

この二つの方法を例えるならば、「50%の確率に対して保険を付けながら戦うグッドマン法」、「保険を付けなく攻め特化のパーレー法」という感じでしょうか。

ちなみに余談ではあるけれども、
世界のルーレットでブラック&レッドでの最高連続回数はドイツのバートホンブルグにあるカジノでブラック51連らしいわよ!
そいつはすげぇな!お客さんもディーラーもビックリしてフロアマネージャーは心配でたまらなかっただろうな。
そうね!もしパーレー法で綺麗に51回勝ち逃げできたら1円スタートとしても、お金持ちどころか世界経済に一人個人が影響を与えるレベルになっちゃうわね。
パーレー法についても紹介しているからチェックしてみてくれ。
パーレー法(パーレイ法)は最強の賭け方?【バカラ&ルーレットでシミュレーション】この記事では、【パーレー法】についてわかりやすく解説し、稼げるかシミュレーションしてみました。パーレー法がどのゲームに有効なのかもまとめているので、全く知らない状態からでもパーレー法を使って稼ぐことが可能です。もちろん、オンラインカジノでも有効な戦略です。...

グッドマン法(1235法)の応用

グッドマン法は配当倍率が2倍で勝率が50%に近いゲームで使用する必勝法ですので、ブレ幅の小さい攻防戦となり大きく稼ぐには少し向いていない必勝法なのかもしれません。

では、グッドマン法で一度に賭ける金額(1ユニット)を大きくしてみる事は可能なのでしょうか?答えは可能です!

↓ベット額(1ユニット)を倍にしたグッドマン法の表になります。

ゲーム数  ベット額 勝利時の払戻し  勝負結果 総収支
1回目 $2 $2 勝ち〇 +$2
2回目 $4 $4 勝ち〇 +$6
3回目 $6 $12 勝ち〇 +$12
4回目 $10 $20 勝ち〇 +$22
5回目 $10 $20 勝ち〇 +$32
6回目 $10 $20 負け× +$22
7回目 $1 $2 勝ち〇 +$23

ベット額を倍にすると同じ目標金額でもプレイ数とプレイ時間は半分になります。そしてグッドマン法は最大のベット額が設定されているのでマーチンゲール法やココモ法のようにテーブルリミット(マキシマムベット)を気にする必要がありません。

リスクも高くなってしまいますので、自分の軍資金に見合った倍率でグッドマン法を使いましょう。

まとめ

グッドマン法の要点を見やすくまとめました。

  • グッドマン法は連勝した時に使用できる守備型の必勝法
  • $1→$2→$3→$5の順番で賭けていき、$5賭けで勝つと負けるまで$5を賭け続け、負けたら最初からやり直し
  • 使える条件は配当倍率が2倍で勝率が50%に近いゲーム
  • 2連勝ができたら3回目に負けても総収支は±0
  • 3連勝すれば4回目に負けても総収支はプラス
  • ブレ幅が小さい為テーブルリミット(マキシマムベット)の心配は必要ない
  • 短期戦か長期戦、掛け金の引き上げ、など応用可能

以上がグッドマン法の要点になります。

いかがでしたでしょうか?個人的にはメインとして使う必勝法ではなく、「連勝が多いときに切り替えて使える1つの手段」として覚えておいて損はない必勝法だなと思いました。

必勝法と呼ばれるものは数多く存在し、状況に応じて使い分けができる人が勝つと思います。私は安定重視タイプだ!といった方にはピッタリだなと思いました。

グッドマン法が試せる今おすすめのオンラインカジノ!

エルドアカジノ
エルドアカジノの画像
ライブカジノの充実度が人気のエルドアカジノ
出金条件激甘の入金不要ボーナスや、小資金のプレイヤーでも恩恵の受けやすいローリングチップが魅力的です。
VIPランク VIPランク1~VIPランク9
VIP昇格条件 月間の入金額とベット額
VIP特典内容
  • ローリングレートの上昇
  • ローリングチップの上限緩和
  • キャッシュバックレートの上昇

グッドマン法を実践するなら、エルドアカジノがおすすめです。当サイトから登録すれば入金不要ボーナスがもらえるので軍資金無しでグッドマン法を実践できます。

エルドアカジノの登録方法【入金不要ボーナス3,000円プロモコード公開】当サイト限定プロモーションコード公開!エルドアカジノに入金不要ボーナス付きで登録する方法を解説します。エルドアカジノの登録方法だけでなく、入金不要ボーナスの受け取り方や登録後にすべきこともまとめました。エルドアカジノに新しくアカウントを作成したい方は、是非参考にしてください。...
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノの画像
ご存じ日本ナンバーワンの人気を誇るベラジョン
認知度だけでなくサービス拡充にも余念がなく、すべてのギャンブラーに推奨できるオンラインカジノです。
運営会社 Breckenridge Curacao B.V
取得ライセンス オランダ領キュラソー島
モバイルアプリ あり
※新規DL不可
当サイト限定ボーナス $35入金不要ボーナス
ベラジョンの入金不要ボーナスの受け取り方を見る
【入金不要ボーナス】ベラジョンカジノの登録方法と詳細情報入金不要ボーナスが貰える!ベラジョンカジノの登録方法をわかりやすく解説します。また入金不要ボーナスの賭け条件や最大賭け額、カウント率、出金条件等の詳細情報も公開しています。...

日本人からの人気ナンバーワンオンラインカジノと言っても過言ではないのがベラジョンカジノです。ベラジョンカジノも入金不要ボーナスがもらえますので、入金不要ボーナスを使ってグッドマン法を実践してみましょう。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ボーナス