おすすめランキング

スポーツベット向けおすすめオンラインカジノランキング【2020年最新】

スポーツベットは、ヨーロッパを中心として世界的に高い人気度を誇るギャンブルです。
スポーツベットができるプラットフォームが日本にも拡大してきており、日本人でも日常的にスポーツベットを楽しむ人が増えてきています。

「自分もスポーツベットを始めてみたい」と感じる人も多くいるでしょう。
この記事では、スポーツベットにおすすめのオンラインカジノを紹介し、スポーツベットについて基礎から詳しく解説をしますので、是非参考にしてください。

スポーツベットとは

スポーツベットとは、その名の通り、「スポーツにベット」することです。具体的には、賭け対象の試合結果を予想し、見事に的中すれば、オッズに応じた払い戻しを受けることができるというものです。

元々、イギリスで誕生したギャンブルですが、瞬く間に世界中に広がり、今では大きな市場規模を誇る産業の1つへと成長しました。

世界中のスポーツの試合が賭けの対象

スポーツベットでは、全世界のスポーツの試合に賭けることができます。
そのため、24時間いつでもスポーツベットを楽しむことができます。

また近年は、Jリーグやプロ野球など日本のプロスポーツに賭けられる機会も増えてきました。

賭け方は様々

スポーツベットでの賭け方は、「どちらが試合に勝つか」ということだけではありません。オンラインでのスポーツベットの環境が整備されたこともあり、リアルタイムで次に起こりうる展開を予想するような賭け方もできます。

例えばサッカーの場合、

  • 次の1分間にゴールは生まれるか
  • 次のゴールを決めるチームはどちらか

などといった賭け方も可能です。

ブックメーカーと違い

スポーツベットとよく似た意味を持つ言葉に「ブックメーカー」があります。特に初心者は、スポーツベットとブックメーカーが同じものであると混同している人も多いでしょう

しかし、スポーツベットとブックメーカーは似て非なるものです。

ブックメーカーの役割を一言で表すならば、「スポーツベットが楽しめる環境を提供するプラットフォーム」です。
つまり、プレイヤーはブックメーカーという箱の中でスポーツベットというサービスを楽しめるということになります。

スポーツベット対応オンラインカジノランキング

スポーツベットができるオンラインカジノをランキング形式で紹介します。

10位 NetBet

NETBET
NETBETの運営会社はNetBet Enterprises Ltdです。
マルタ共和国のライセンスを取得してます。
運営会社 NetBet Enterprises Ltd
会社住所 209, Marina street, Pieta PTA 9041, Malta
ライセンス マルタ共和国
オンラインカジノ あり
ストリーミング 不可

NetBetではサッカーや野球をはじめとして、世界中の様々なスポーツの試合に賭けることができます。
また「時期アメリカ大統領は誰か?」といったような政治に関する賭けができるのも魅力。

オッズ表記もデシマル、フラクショナル、アメリカンと3種類から選択可能で、自分が一番好きな賭け方を楽しめるでしょう。

スポーツごとのボーナス(フリーベット)も非常に充実しています。

自分の好きスポーツで賭けて、そのスポーツのフリーベットをゲット。
そしてさらに賭けが楽しくなるという好循環が生まれるはずです。

また、資金移動などをさせる必要もなく、同一アカウントでオンラインカジノも楽しむことができます。

9位 スポーツベット

スポーツベット
スポーツベットはClass Innovation B.V.が運営しています。
キュラソーのライセンスを取得しています。
運営会社 Class Innovation B.V.
会社住所 [Fransche Bloemweg 4, Willemstad, Curaçao
ライセンス オランダ領キュラソー島
オンラインカジノ あり
ストリーミング 不可

スポーツベットというサイト名で、スポーツベッティングができないわけもありません。
取り扱っているスポーツの種目数は20弱ということで、若干他のブックメーカーに比べると少ないものの、サッカーや野球、バスケットボールなど主要な種目はしっかりと網羅しています。

日本のJリーグはJ1からJ3まですべて網羅。日本人サッカーファンならば存分に楽しめるでしょう。

スポーツベットに登録すると、30ドル分の無料ボーナスを貰うことができます。

他のブックメーカーとは違って、ベット額の上限が定められていないので、20倍の条件も高い確率でクリアできるはずです。
オンラインカジノのテーブルゲームでも、100%のカウント率で出金条件を消化することができます。

8位 ギャンボラ

ギャンボラ
ギャンボラはGlitnor Services Limitedが運営しています。
マルタ共和国のライセンスを取得しています。
運営会社 Glitnor Services Limited
会社住所 Forth Mansions, Seafront Ix-Xatt Ta’Xbiex, Ta’Xbiex, TXT1026, Malta
ライセンス マルタ共和国
オンラインカジノ あり
ストリーミング 不可

オンラインカジノのイメージが強いギャンボラですが、実はブックメーカーサイトも併設しています。
オンラインカジノと同アカウントで、資金の振り替えなど雑多な手続きも必要ありません。

以前は日本のプロ野球にベットできないということで、ちょっと残念がられていました。
最近チェックしてみたところ、しっかりと日本のプロ野球も取り扱いがありました。

このほか30種類以上の種目を対象としており、国や地域も多岐に渡っています。
ギャンボラに登録しておけばカジノだけではなくスポーツベッティングも楽しめるでしょう。

7位 チェリーカジノ

チェリーカジノ
チェリーカジノはCherry A.B.が運営しています。
マルタ共和国のライセンスを取得しています。
運営会社 Cherry A.B.
会社住所 3rd Floor, Spinola Park, Triq Mikiel Ang Borg, St. Julians, SPK1000, Malta
ライセンス マルタ共和国
オンラインカジノ あり
ストリーミング 不可

チェリーカジノは『チェリースポーツ』というブックメーカーを運営しています。
もちろん、アカウント切り替えの必要などなく、チェリーカジノと同一アカウントで利用することができます。

チェリーカジノは非常に歴史が古く、すでに50年以上の運営実績を誇っています。

「ブックメーカー会社の安全性の目安は運営歴10年」と言われている中で、チェリーカジノの実績は圧巻の数値です。
数あるブックメーカーの中でもかなり高い安全性のもとでベットを楽しむことができます。

チェリーカジノには独自の機能が色々ありますが、中でも注目に値するのが「Your Bet」です。

これはスマートフォン専用の機能で、所与のオッズだけではなく、自分で様々な賭け方をカスタマイズして、自分専用のオッズを設定できるというもの。
誰にも真似できない、自分だけの賭け方を楽しむことができるということです。

6位 スポーツベットアイオー

スポーツベットアイオー
スポーツベットアイオーはmBet Solutions NVが運営しています。
キュラソーのライセンスを取得しています。
運営会社 mBet Solutions NV
会社住所 Kaya Richard J. Beaujon Z/N Landhuis Joonchi II Curaçao
ライセンス オランダ領キュラソー島
オンラインカジノ あり
ストリーミング 可能

スポーツベットアイオーは、ビットカジノの姉妹サイトにあたります。
しかしそれぞれが独立したサイトとして存在しているため、同一アカウントでの利用はできません。

プレミアリーグの強豪アーセナルFCとオフィシャルパートナーシップを締結したということで、知名度も信頼性も抜群です。

スポーツベットアイオーの大きな特徴は2つあります。
1つ目はサイト内で直接仮想通貨を購入できるということ。

通常は仮想通貨入出金に対応していても、それは仮想通貨ウォレットを所有していることが前提となります。
しかしスポーツベットアイオーの場合は、クレジットカードを使ってサイト内で仮想通貨を購入可能です。

2つ目がベット対象の試合をストリーミング視聴できるということ。
ウォレットに0.1ドル以上でも資金があれば、実際のベットは行わずとも、リアルタイムで行われている試合を視聴することができます。

これができることを知ると、DAZNやスカパーのサブスクで視聴しているのがバカバカしく感じられてしまいますね。

5位 ウィリアムヒルスポーツ

ウィリアムヒル
ウィリアムヒルはWHG (International)が運営しています。
ジブラルタルのライセンスを取得しています。
運営会社 WHG (International)
会社住所 6/1 Waterport Place, ジブラルタル
ライセンス ジブラルタル
オンラインカジノ あり
ストリーミング 不可

ウィリアムヒルスポーツは言わずと知れた、ブックメーカー界のキング。
戦前から会社は存在しており、その運営実績は文句なしの業界ナンバーワンです。

7位のチェリーカジノの信頼性が抜群、と紹介しましたが、ウィリアムヒルスポーツの信頼性はさらにその数倍も高くなります。

本社のあるイギリス国内においては、「銀行よりもウィリアムヒルの方が安全」と言われているほどで、ロンドン証券取引所にも上場しています。

ウィリアムヒルには「増強オッズ」と言って、通常よりもオッズが高めに設定されることがあります。

この増強オッズは、他のオンラインカジノよりもお得に稼ぐチャンスです。

4位 カジノエックス

カジノエックス
カジノエックスはDarklace Ltdが運営しています。
キュラソーのライセンスを取得しています。
運営会社 Darklace Ltd
会社住所 Arch. Makaroiu III, 135, EMELLE BUILDING, 4th floor, 3021 Limassol Cyprus
ライセンス オランダ領キュラソー島
オンラインカジノ あり
ストリーミング 可能

オンラインカジノのイメージが非常に強いカジノエックスですが、実はスポーツベッティングも楽しむことができます。

賭けられるスポーツの種類は20種類以上と、スポーツベットメインのサイトに比べると若干劣りますが、それでもなかなかの充実ぶりです。

特にカジノエックスの大きな魅力が、試合をストリーミング視聴できるということ。
ライブベットの画面を開くと、試合を見ながらの賭けを行うこともできます。

ちなみにこちらは、カザフスタンのサッカーのリーグ。
そんなマイナーなリーグも取り扱ってくれているんですね。

また、キャッシュバック制度もあり、万が一賭けを外しまくってしまったとしても安心です。

オンラインカジノサイトのクオリティも非常に高いだけに、二刀流で楽しみたい方にはおすすめです。

3位 188bet

188bet
188betはキューブ株式会社により運営されています。
マン島のライセンスを所持しています。
運営会社 キューブ株式会社
会社住所 Ground Floor, St George’s Court, Upper Church Street, Douglas, Isle of Man, IM1 1EE
ライセンス マン島
オンラインカジノ あり
ストリーミング 可能
188betの登録手順を徹底解説【当サイト限定フリースピンプレゼント】このページでは、188betの最新、最短の登録方法をまとめてみました。登録手順だけでなく、登録ボーナスや登録後にすべきことも解説しています。間違って登録して損をしないためにも、188betを始める前に是非チェックしてください。...

188betはF1の公式アジアスポンサーを務めているブックメーカーです。

その事実だけでも、非常に優れたブックメーカーであることが伺えるでしょう。

188betはとにかくどんどん色々な試合にベットしていくことが、稼ぐカギです。
というのも、「還元ボーナス」としてベット額の一部がどんどん積み立てられて毎週水曜日にアカウントに進呈されるためです。

上限はありませんから、188betのスポーツブック専業プレイヤーになれば、還元ボーナスだけで飯が食えるレベルになるかもしれません。

連続してベットを行うことで還元レートも上昇、半年以上連続でベットしていれば追加の特別ボーナスを貰うこともできます。

ちなみに188betはオンラインカジノ業界でも、最もボーナス条件をクリアしやすいとして有名ですね。
スポーツベッティングでのボーナス消化の対象となるため、カジノとの二刀流で楽しみながらボーナスを消化することができます。

2位 ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツ
ピナクルスポーツはRagnarok Corporation N.V.により運営されています。
所持ライセンスはキュラソーです。
運営会社 Ragnarok Corporation N.V.
会社住所 Pletterijweg 43, Willemstad, Curaçao
ライセンス オランダ領キュラソー島
オンラインカジノ あり
ストリーミング 不可

ピナクルスポーツは数あるブックメーカーの中でも、最も稼ぎやすいブックメーカーとして知られています。

その最大の理由は、常に業界で最高のオッズを設定しているためです。
スポーツベッティングの標準的な還元率が95%と言われている中で、ピナクルスポーツの還元率は97%に上ると言われていることからも、ピナクルスポーツの稼ぎやすさが伺えます。

ピナクルスポーツで他のブックメーカーより高いオッズが設定される大きな理由は、プロモーションボーナスが一切ないためです。

他の業者はボーナスにより集客をしているものの、ピナクルスポーツはそこにコストを割いていません。
だからこそ、どこよりも高いオッズを設定し、多くの金額を払い戻しすることができています。

また、各ブックメーカーで「禁じ手」とされているアービトラージをむしろ歓迎しているという点もピナクルスポーツの特徴。

さらに勝利金の出金スピードが速いという口コミもあり、プレイヤーにとって嬉しい条件がかなり揃っていると言えるでしょう。

1位 10bet

10BET
10betの画像
10betは、Chancier B.V.により運営されています。
所持ライセンスはキュラソーです。
運営会社 Chancier B.V.
会社住所 Kaya Richard J. Beaujon Z/N, Curacao
ライセンス オランダ領キュラソー島
オンラインカジノ あり
ストリーミング 不可
10betの登録を徹底解説!登録ボーナスの受け取り方は?このページでは、10betの最新、最短の登録方法をまとめてみました。10betは安全な業者ですが、登録方法を間違うと不要なトラブルに見舞われるかもしれません。登録ボーナスの受け取り方や、登録後にするべきこともわかりやすく解説し、よくある疑問も全て解決します。...

スポーツベットのおすすめランキング、栄えある第1位は10betです。

従前はただサイトの言語が日本語であるというだけのいわゆる平凡なブックメーカーだった10bet。
しかし2017年12月に大幅なリニューアルを果たし、日本人が最も使いやすいブックメーカーと言われるほどに成長しました。

特に嬉しいのが24時間いつでもチャットサポートが受けられるということ。
しかもそのやりとりのスムーズさも、ユーザーから高い評価を得ています。

スポーツ専用のプロモーションも非常に充実しており、毎日10betでスポーツベットを行えば、何かしらのボーナスを受け取ることができるでしょう。

カジノをプレイしてスポーツ専用のボーナスを貰えることもあれば、その逆もあるため、10betに登録しておくだけでより賭けの楽しさの幅が広がるはずです。

また、複数のベットを同時に賭けて的中させると、最大で60%勝利金を上乗せできるというお得すぎるシステムもあります。

最低オッズは1.2からOKなので、しっかりとベット対象を吟味すれば、大きな勝利金を一気にゲットできるはずです。

日本でスポーツベットは違法行為?

スポーツベットは実際にリアルマネーを賭けて行うギャンブルの一種です。
日本国内では賭博行為が禁じられているということもあり、「違法行為ではないか?」と感じる人もいるでしょう。

しかし、結論から言えば、日本人がスポーツベットをしても、違法ではありません。
その理由について詳しく解説します。

賭博罪は適用されない

賭博罪は、賭博の胴元と利用者の両方を処罰するという規定があります。
しかし、ブックメーカーの運営者は海外の企業であるため、賭博罪を適用することができません。

すると、必然的に利用者片方だけを処罰するというわけにもいかなくなるのです。

日本の企業が運営するブックメーカーサイトがあれば違法ですが、もちろん、そのようなブックメーカーサイトはありません。

よって、ブックメーカーでスポーツベットを行っても、違法行為にはあたらず、逮捕されることもほぼないのです。

過去に逮捕者はゼロ

オンラインカジノでは一部逮捕事例もありますが、スポーツベットでは逮捕事例はありません。
この事実だけでも、スポーツベットの違法性が限りなく低いということが分かるでしょう。

スポーツベットを規制する法律はない

そもそも、オンラインでのスポーツベットを規制する法律はありません。
日本は法治国家である以上は、法律がないのに罪を科すことはできないのです。

万が一、将来的に「スポーツベットが違法である」という法律ができたとしても、それ以降止めればいいので安心してください。
法律制定以前に遡って処罰されるということはありません。

スポーツベットは稼ぎやすい?

スポーツベットはギャンブルですから、実際にやるか否かは、やはり「どのくらい稼ぎやすいか」という点が大きな判断材料になるでしょう。

結論から言えば、スポーツベットはかなり稼ぎやすいギャンブルです。
その理由について、詳しく解説します。

還元率は約95%

スポーツベットの還元率は、およそ95%と言われています。
これは、オンラインカジノと並んであらゆるギャンブルの中でもトップクラスに高い数値です。

還元率の高さは稼ぎやすさに直結するため、スポーツベットは「かなり稼ぎやすいギャンブル」であると言うことができます。
なお、他のギャンブルの還元率は、概ね以下の通りです。

ギャンブル 還元率
宝くじ 45%
オートレース 70%
競輪 75%
ボートレース 75%
競馬 70~80%
パチンコ 80%
パチスロ 80%

リスク許容度は自分で選べる

スポーツベットで稼ぐうえで大切になる指標が「オッズ」です。
賭けが的中した場合、このオッズに応じて払い戻しを受けることができます。

オッズが高ければ払戻金額は大きく、逆にオッズが低ければ払戻金額は小さくなります。

オッズは、賭け対象となっている1つの試合を見ても、1倍台前半の低オッズから、100倍台の高オッズまで様々です。
低いオッズに高額ベットしたり、逆に高いオッズに何度も低額ベットしたりと、稼ぐための選択肢が様々なるため、稼ぎやすいと言えます。

なお、プレミアリーグ2015-2016シーズンでレスターシティが優勝した際には、イギリスのブックメーカーウィリアムヒルで、5001倍という超高オッズが付けられていました

このようなジャックポットレベルの払い戻しを受けられる可能性があるのも、スポーツベットの魅力です。

損切り機能(キャッシュアウト)がある

通常、ギャンブルは賭けたら最後、後は結果の確定を待つのみです。
しかし、スポーツベットでは賭けを途中でキャンセルできる「キャッシュアウト」という機能があります。

キャッシュアウトを使うことで、賭けの外れが確定する前に、ベット額の一部の払い戻しを受け、大きな損失を防ぐことができるのです。

逆に、キャッシュアウトは利益確定としての機能も有します。
賭け成功率が高まっている状況においてキャッシュアウトを利用すれば、ベット額に一部利益が上乗せされた状態で払い戻しを受けることが可能です。

このように、負ける時の損失を抑えつつ、手堅く利益を積み重ねていくという戦法を取ることができるため、スポーツベットはかなり稼ぎやすいと言えます。

お得なボーナスがもらえる

スポーツベットを楽しむためにブックメーカーに登録すると、様々な場面でボーナスを獲得することができます。
ボーナスは所定の条件を満たすことで出金することもできるため、お得に資金を増やしていくことも可能です。

特に、ブックメーカーのアカウントを開設して初めて入金する際には、軍資金が倍になるような特大のボーナスを進呈されることも珍しくありません。

ほかにも、スポーツの試合に賭けるだけで自然と貯まっていくリベートボーナスや、ベット実績に応じて随時でもらえるフリーベットボーナスなどもあります。

24時間365日賭けるチャンスがある

スポーツベット最大の特徴は、24時間365日、いつでも賭けるチャンスがあるということです。日本が真夜中でスポーツの試合が一切開催されていないとしても、他国ではまさに今がスポーツのゴールデンタイムということもあるでしょう。

マイナーなスポーツやマイナーなリーグも賭けの対象となっているため、賭けられる試合が1試合もない、ということはまずあり得ません。

そのため、一度賭けを外してしまったとしても、すぐに挽回するためのチャンスが訪れます。

「1回にすべてを賭ける」というような無謀なベットをする必要がないことも、スポーツベットの稼ぎやすさの大きな理由です。

必勝法がある

スポーツベットには、「アービトラージ」と言われる必勝法もあります。これは、ブックメーカー間のオッズの歪みを利用して、100%の確率で利益を上げることができる賭け方です。

アービトラージは多くのブックメーカーサイトで禁止事項とされていますが、複数のブックメーカーを利用して行う賭け方のため、発覚する心配はそれほど高くありません。
また、ピナクルスポーツのように、むしろ「アービトラージ歓迎」を謳っているブックメーカーもあります。

アービトラージ対象の試合を探すのは困難ですが、見つけさえすれば、100%利益を出すことができる手法です。

スポーツベットの対象スポーツ

スポーツベットでは、メジャーなスポーツのみならず、マイナーなスポーツにも賭けることができます。具体的な種目としては、以下のようなスポーツがあります。

  • サッカー
  • 野球
  • テニス
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • 競馬
  • 総合格闘技
  • モーターボート
  • 陸上競技
  • ラグビー
  • バドミントン
  • ボクシング
  • ハンドボール
  • ゴルフ
  • スヌーカー
  • ビリヤード
  • 卓球
  • ダーツ
  • クリケット
  • サイクリング
  • グレイハウンド
  • フットサル
  • Eスポーツ
  • バーチャルスポーツ

また、スポーツだけではなく「次のアメリカ大統領は誰か?」といった政治に関する予想、「オスカー賞は誰が受賞するか」といったエンタメ系の予想などができるブックメーカーもあります。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です