カジノの戦略

マーチンゲール法を完全解説!改良案を考察してシミュレーションしました

ギャンブルの世界ではこれまでに数えきれないほどの攻略法が編み出されてきましたが、その中でもっとも知名度の高い攻略法がマーチンゲール法です。

この記事ではマーチンゲール法の概要と弱点、改良案について詳しく解説しています。

記事の最後ではマーチンゲールの改良案を実際のカジノゲームで実践する様子を画像つきでわかりやすくご紹介しているので、カジノゲームの勝率を少しでも高めたいという人はぜひ参考にしてください。

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法はベッティングシステムの一種です。

ベッティングシステムとはベット額の調整の仕方で勝率を高める手法のことで、プレイするギャンブルのルールに依存しないため、さまざまなギャンブルで幅広く実践することができます。

マーチンゲール法の基本的なルールは以下のとおりです。

マーチンゲール法のルール
  • 基準となる金額を決定する
  • 負けるたびにベット額を倍に増やす
  • 勝ったらベット額を当初の金額に戻す

マーチンゲール法で最初に$1をベットして4連敗した場合とお、以下のような収支となります。

ラウンド数賭け金勝敗累計収支
1$1×-1
2$2×-3
3$4×-7
4$8×-15
5$16+1

表を見ればわかるように、マーチンゲール法を使えば連敗で被った損失を1度の勝利で取り戻すことが可能です。

マーチンゲール法を適切なタイミングで実践すれば、損失を最小限に抑えて勝率を高めることが期待できます。

上に記載した3点のルールを覚えるだけで誰でも簡単に使うことができる攻略法なので、この機会にぜひおぼえておくことをおすすめします。

マーチンゲール法はバカラやルーレットなどさまざまなカジノゲームで広く用いることが可能ですが、原則として配当が2倍の賭け方でしか使えないので注意してください。

マーチンゲール法の弱点

マーチンゲール法はシンプルながら大きな効果が期待できる攻略法ですが、ひとつ大きな弱点があります。

以下の表は、マーチンゲール法で連敗したときの賭け金の増え方をあらわしたものです。

ラウンド数賭け金勝敗累計収支
1$1×-1
2$2×-3
3$4×-7
4$8×-15
5$16×-31
6$32×-63
7$64×-127
8$128×-255
9$256×-511
10$512×-1023
11$1,024×-2047
12$2,048×-4095
13$4,096×-8191
14$8,192×-16383
15$16,384×-32767

上でも触れているように、マーチンゲール法では負けるたびに賭け金を倍に増やしていかなければならないため、連敗が重なるにつれて賭け金が跳ね上がっていきます。

この賭け金の増え幅が大きいという点こそ、マーチンゲール法のもっとも大きな弱点だといえるでしょう。

最初のベット額が$1でも5連敗すると16倍、10連敗で500倍以上の賭け金に達してしまうので、運が悪いと損失を取り戻す前に軍資金が底をついてしまう恐れがあります。

また資金に余裕があっても、賭け金がゲームのマックスベット額を上回るとマーチンゲール法の続行は不可能となるので、実践する際はベットの上限額と資金の残高に気をつけながらプレイするようにしてください。

マーチンゲール法を改良するなら

前項で解説しているように、マーチンゲール法の最大の弱点は賭け金の増え幅が大きいことです。

賭け金の増え幅を緩やかにすることができればマーチンゲール法はより使い勝手の良い攻略法になりますが、ただやみくもに賭け金の増え幅を減らすと今度はゲームで勝ったときに連敗で被った損失を回収しきれなくなり、マーチンゲール法の最大のメリットが損なわれてしまいます。

賭け金の増え幅を減らしつつ、連敗で被った損失を1度の勝利ですべて回収するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

そのカギはゲームの配当にあります。

マーチンゲール法は原則として配当が2倍の賭け方でしか使えないことは先に述べました。

しかし、配当が3倍の賭け方でも使えるようにベット額を調整すれば、賭け金の増え幅を減らしながら連敗の損失を1度で回収することも不可能ではなりません。

マーチンゲールを配当が3倍の賭け方に最適化すると、賭け金の増え方は以下のようになります。

ラウンド数賭け金勝ったときの収支負けたときの収支
1$1+2-1
2$1+1-2
3$10-3
4$2+1-5
5$3+1-8
6$40-12
7$60-18
8$90-27
9$14+1-41
10$21+1-62
11$310-93
12$47+1-140
13$700-210
14$1050-315
15$158+1-473
16$237+1-710
17$3550-1065
18$533+1-1598
19$7990-2397
20$1,199+1-3596

おぼえやすさでは通常のマーチンゲール法に大きく劣りますが、賭け金の増え幅を抑えることができるので、マーチンゲールの最大の弱点については概ね克服できているといえるでしょう。

もちろん、この改良案でも1度勝つだけでそれまでの連敗で被った損失を一気に取り戻すことができます。

上の表に20連敗までの賭け金を記載しておいたので、マーチンゲール法をより低リスクで運用したいという人はぜひ上の表を参考に実践してみてください。

マーチンゲール法改良案でシミュレーション

それでは前項で提案したマーチンゲールの改良案を実際のカジノゲームを用いてシミュレーションをおこない、その効果のほどについて検証したいと思います。

改良案は通常のマーチンゲール法とは違って3倍配当の賭け方でしか使えないので、今回はルーレットのダズンベットに絞って賭けていきます。

1セット目(1~11ラウンド)

まずは1stダズンに$1をベットします。1~36ある数字のうち1~12までの数字が出れば配当を獲得です。

いきなり当たりです。$1×3=$3の配当を獲得しました。

続けて1stダズンにベットします。1ラウンドで勝ったので賭け金は$1のままです。

なんといきなりの2連勝です。普段のプレイなら嬉しい限りですが、連敗しなければマーチンゲール法のシミュレーションができないので、今回に限ってはあまり嬉しくありません。

3ラウンド目も続けて1stダズンにベットしてみましょう。賭け金は$1のままです。

結果は外れでした。いよいよ次のラウンドからマーチンゲール法を実践できますね。

4ラウンド目にして初めてマーチンゲール法を実践します。

通常のマーチンゲール法ならここで賭け金を倍にして$2をベットするところですが、ここでは改良版のマーチンゲール法を実践していくので、賭け金は$1のままとします。

4ラウンド目も外れでした。

続く5ラウンド目は気分を変えて3rdダズンに賭けてみることにします。ここでもベット額は$1です。

3連敗です。ダズンベットに賭けて予想が的中する確率はおよそ1/3なので、3連敗はまだまだ想定の範囲内だといえますね。

6ラウンド目。ここで賭け金を$2に増やします。

結果は外れでした。この時点で初めて累計収支がマイナスになりましたが、改良版のマーチンゲール法は賭け金の増え幅が緩やかなので、軍資金が少ない人でもしばらくは余裕をもった状態でプレイできるでしょう。

7ラウンド目も続けて1stダズンに賭けてみましょう。ベット額は$3です。

改良版マーチンゲール法の連敗数に応じた賭け金を知りたい人は前項で記載した表を確認してください。

7ラウンド目も外れでした。これで5連敗ですが、まだまだ想定の範囲内です。

8ラウンド目も1stダズンにベットします。賭け金がさらに増えて、ベット額は$4です。

外れてしまいました。連敗が続いているので、次は勝てそうな気がします。

なかなか1stダズンに当たらないですね。気分を変えて9ラウンド目は3rdダズンにベットしてみましょう。賭け金は$6です。

7連敗です。ベットを変えたことが裏目に出ましたね。

10ラウンド。続けて1stダズンにベットします。さすがにそろそろ当たるでしょう。

また外れてしまいました。この連敗はどこまで続くのでしょうか。

続く11ラウンドも1stダズンにベットしてみましょう。賭け金は$9です。

最初のラウンドと比べるとベット額は膨らんできましたが、通常のマーチンゲール法なら賭け金が$128になっているところなので、改良版の賭け金の増え幅がいかに緩やかであるかがわかります。

やっと当たりました。連敗記録は8でストップです。

2セット目(12~24ラウンド)

11ラウンド目で勝ったので、ここで賭け金を$1に戻します。

12ラウンド目は外れでした。気を取り直して次のラウンドに進みます。

13ラウンド目も続けて1stダズンにベットします。賭け金は引き続き$1となります。

結果は外れでした。

14ラウンド目も引き続き1stダズンにベットです。賭け金は据え置きで$1のままとします。

3連敗です。14ラウンド中3勝と大幅に負け越しているので、そろそろ連勝しておきたいところですね。

15ラウンド目。なかなか1stダズンの数字が出ないので、今度は3rdダズンにベットしてみることにします。3連敗しているので、ここで賭け金を$2に増やします。

またまた外れ。ここで収支がプラマイゼロになってしまいました。

16ラウンド目。ベットを1stダズンに戻しましょう。賭け金は$3です。

5連敗です。さすがに前回の8連敗を超えることはないとは思いますが、ちょっと不安になってきましたね。

17ラウンド目。さらに増えて賭け金は$4となります。

なかなか当たりません。1/3という理論上の勝率を大きく下回って豪快に負け越している状態です。いつになったら挽回できるのでしょうか。

続く18ラウンド目。さすがにそろそろ当たるでしょう。3rdダズンに$6をベットです。

当たりません。不思議なくらい当たりません。でも次こそは当たるでしょう。

19ラウンド目。今度こそは、と祈りを込めて1stダズンに$9をベットします。

祈りは通じませんでした。2度目の8連敗です。

20ラウンド目。そろそろ1stダズンの目が出るでしょう。1stダズンに$14をベットです。

外れでした。まさかこうも当たりが出ないとは思いません。

21ラウンド目も1stダズンにベットしてみましょう。賭け金は$21です。さすがに10連敗はしないでしょう。

10連敗です。マイナス$57とだいぶ損失がかさんできたので、そろそろ1勝しておきたいですね。

22ラウンド目は3rdダズンに$31をベットします。賭け金もだいぶ膨らんできましたね。

11連敗です。面白いくらいに当たりません。

23ラウンド目。ベットを1stダズンに戻してみましょう。賭け金は$47です。

本当に当たりません。勝率が1/3の賭け方で12連敗はなかなか珍しい記録だといえるのではないでしょうか。

24ラウンド目です。もう連敗は終わりにしましょう。ベット額は$70です。

やっと当たりました!連敗記録は12回でストップです。

結果

マーチンゲール法の改良案をスロットでシミュレーションした結果は以下のとおりです。

ラウンド数賭け金勝敗累計収支
1$1+2
2$1+4
3$1×+3
4$1×+2
5$1×+1
6$2×-1
7$3×-4
8$4×-8
9$6×-14
10$9×-23
11$14+5
12$1×+4
13$1×+3
14$1×+2
15$2×0
16$3×-3
17$4×-7
18$6×-13
19$9×-22
20$14×-36
21$21×-57
22$31×-88
23$47×-135
24$70+5

24ラウンド中たった4回しか勝っていないにもかかわらず、$5のプラス収支で終えることができました。

また12連敗という記録的な連敗を喫しましたが、損失は最大でも$135に収まっています。

通常のマーチンゲール法の場合、最初のベット額が$1でも12連敗もすると$4,000以上の損失を抱えてしまうことになりますが、改良版はおよそ1/30という少ない損失で済む結果になっているので、マーチンゲール法をより低リスクで運用したいという人にはうってつけの改良案であるといえるでしょう。

まとめ

マーチンゲール法はギャンブルのみならず投資の世界でも広く用いられている有名なベッティングシステムです。

賭け金の増え幅が大きく、連敗が重なると資金不足に陥るリスクが高まりますが、ちょっとした改良を施せば低リスクで運用できるようになるので、ギャンブルの勝率を高めたいという人はぜひ実践してみてください。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

少しでもたくさんボーナスを受け取りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。