オンラインカジノの危険性

オンラインカジノは違法ではないが…違法になる6つの利用方法

最近は日本にも多くのオンラインカジノが進出してきました。
2020年以降は新型コロナウイルスの感染拡大の影響も受け、「自分もオンラインカジノを利用してみたい」と考える方も多くいるでしょう。

しかしオンラインカジノについて調べてみると、違法性を指摘する声が多く見られ、不安に感じている方もいるはずです。

本記事ではオンラインカジノに違法性があるのか、詳しく解説してみました。ぜひ参考にしてください。

オンラインカジノは結局違法?

オンラインカジノを利用することは違法なのか、それとも合法なのか、詳しく解説します。

専門家でも意見が分かれるくらいのグレーゾーン

オンラインカジノは違法とも合法とも言い切れないのが実情です。
専門家の間でもオンラインカジノの違法性については大きく意見が分かれています。

違法派はオンラインカジノが紛れもなく賭博行為であるという点を主張します。

賭博行為は刑法で明確に禁止されており、実際にお金を賭けているオンラインカジノが賭博行為と見なされるのも自然です。

一方で合法派は、あくまでも海外のオンラインカジノで賭けているため、賭博罪が適用されないと主張します。

例えばラスベガスに旅行に出かけ、現地でカジノを楽しんできたとしても、帰国後に逮捕されない。

上述した通り、法律の専門家である弁護士の間でも、オンラインカジノの違法性に関しては意見が真っ二つに分かれています。

参考リンク:コロナ禍の世界で注目されるオンラインカジノ(外部リンク)

オンラインカジノの利用により逮捕される可能性はほぼない

オンラインカジノの利用に完全に違法性がないと言い切れない以上は、オンラインカジノユーザーが逮捕されてしまう可能性もあります。

しかしあくまでも可能性の話であって、現実的には逮捕されない可能性はほぼないと言っても過言ではありません。

なぜなら日本は憲法に「罪刑法定主義」を定めているためです。

罪刑法定主義とは行為を犯罪として処罰するには、あらかじめ犯罪とされる行為の内容、及びそれに対して科される刑罰を明確に定めておかなければならないという原則を指します。

しかし日本の法律のどこを探しても、オンラインカジノの利用が違法であり、具体的にどのような刑罰を受けることになるのかという規定はありません。
法律に制定されていない以上は令状を取ることもできず、そうなると当然逮捕できないことになります。

逆にオンラインカジノを合法とする規定もない以上、違法性が全くないとは言えないものの、そこまで不安を抱く必要はありません。
現に日本国内では既に200人ものオンラインカジノプレイヤーがいると言われています。

仮に違法ならば、とっくに多くのプレイヤーが逮捕されているはずです。

違法性を問われる利用方法に注意

オンラインカジノの利用自体は逮捕の要件に該当しません。
しかし使い方を間違えてしまうと、立派な犯罪行為として成立し、検挙されてしまう可能性もあります。

具体的にどのような使い方をすると違法性が出てしまうのか、詳しく解説していきます。

インカジでのオンラインカジノプレイ

インカジの利用は100%違法です。
現行犯でなくてほぼ100%逮捕されてしまいます。

インカジとは主にオンラインカジノをプレイできる店舗を指します。
自分でアカウントを開設することなくオンラインカジノをプレイでき、なおかつ即時勝利金を換金できるということで、ついつい利用したくなってしまうかもしれません。

しかし連日のようにインカジの経営者や利用者が逮捕されるという事例も相次いでいることからも分かる通り、完全に賭博罪に抵触してしまいます。

オンラインカジノをプレイする際は、店舗に入ることなく、必ず自分自身でアカウントを開設してプレイするようにしてください。

参考リンク:YAHOOニュース【闇カジノ】

自分のアカウントを第三者に貸し出すor第三者のアカウントを借りる

第三者に自分のアカウントを貸し出してプレイさせたり、第三者のアカウントを借りてオンラインカジノをプレイしたりするのもNGです。
どちらも完全に賭博罪に抵触し、逮捕されてしまいます。

ロジックとしてはインカジの利用と同じです。
オンラインカジノ各社もアカウント名義人自身での利用しか認めていません。

必ず自分でアカウントを開設してプレイするようにしてください。

オンラインカジノは複数アカウント所持できる?【複垢所持は違反行為?】オンラインカジノは複数アカウントを所持することは基本的にできません。なぜ複数アカウントを所持できないのかをわかりやすく解説します。そのうえで、複数のオンラインカジノのアカウントを作成するメリットを解説しているので、是非参考にしてください。...

虚偽情報でのアカウント登録

虚偽の情報でアカウントを登録することは、オンラインカジノ各社が明確に禁じています.

単に虚偽情報ではなく、第三者の個人情報を勝手に利用してオンラインカジノのアカウントを登録した場合は、オンラインカジノ各社の利用規約に違反するばかりか、刑法230条第1項の名誉棄損罪が成立する可能性もあるため注意が必要です。

虚偽の情報でアカウントを登録したとしても、勝利金を出金できなくなってしまうなど、メリットは一切ありません。

「本名や住所を提供するのは怖い」と思うかもしれませんが、オンラインカジノ各社は個人情報を厳格に管理しています。

そのため情報流出などを不安視する必要はありません。

どうしても個人情報を提供するのが怖いという方は、ビットカジノやカジノインなど、個人情報の提供が不要でアカウント登録をできるオンラインカジノを利用しましょう。

オンラインカジノは偽名ではできない?絶対に本名で利用すべき理由オンラインカジノで本名を使いたくない人は多いです。しかし、偽名で登録することは避けたほうが無難です。このページでは、オンラインカジノで偽名が使えない理由と、本名を記載したくない人がどうするべきかをまとめてみました。偽名で登録する前にぜひ参考にしてください。...

申告納税の義務を怠る

オンラインカジノで年額50万円以上の利益を稼いだ場合には、所得税の確定申告及び納税を行う必要があります。
納税は国民に課せられた3大義務の1つであり、当然怠ることは許されません。

本来申告納税の義務があるのに怠った場合には、所得隠しや脱税によって法的処分を受けてしまう可能性もあります。

会社員や公務員の場合には勤務先が源泉徴収により税金関連の手続きをすべて済ませてくれるため、確定申告のことなど一切頭にないという方も多いでしょう。
しかしオンラインカジノがプレイヤーに代わって税金の手続きをしてくれるということは一切ありません。

参考リンク:脱税に関する罪(不申告逋脱犯、過少申告逋脱犯)について

しっかりと自分自身の責任で資金管理をした上で、必要な生じた場合には期間中に必ず確定申告を行うようにしましょう。

オンラインカジノの税金の仕組みと計算方法【税金逃れはバレる?】オンラインカジノで利益が出たけど、税金を支払いたくない!バレるかどうかが気になる…。このような考えを持っている方は非常に多いです。このページでは、オンラインカジノの税金の仕組みやルール、税金がバレる理由についてわかりやすく開設します。オンカジで利益を出した方は、是非チェックしてください。...

攻略ツールの販売促進

オンラインカジノ業界では「必勝ツール」「攻略ツール」なるツールが色々と販売されています。主にライブバカラでの勝率を高めるツールです。

しかしほぼすべて詐欺ツールと言っても過言ではありません。詐欺ツールを他のユーザーに販売促進した場合には、違法と見なされて法的処分を受ける可能性もあります。

単に詐欺罪に抵触するだけではなく、「勝率100%」などを謳って宣伝していた場合には、景品表示法に違反してしまうかもしれません。

攻略ツールを使うことはそもそもオンラインカジノとしても、第三者によるベット関与と見なして規約違反と定めています。
まさに攻略ツールに関わることは百害あって一利なしです。

ついつい甘い宣伝文句に釣られてしまう気持ちは分かりますが、絶対に手を出してはいけません。

オンラインカジノで自動売買は不可能!?自動ツールが詐欺である理由とはオンラインカジノで自動売買を検討している人は必ず見て下さい。自動売買ツールは一見魅力的に見えますが、オンカジで実際に使用することは絶対におすすめできません。このページでは、なぜオンラインカジノの自動売買ツールの利用をしない方がいいのかをわかりやすく解説します。...

第三者名義のクレジットカードを使った入金

第三者のクレジットカードを使って入金した場合にも、詐欺罪に抵触する可能性があります。

そもそも第三者名義のカードで入金したところで、オンラインカジノからの出金は認めてもらえません。

自分のクレジットカードを使うことに抵抗がある気持ちはよく分かりますが、法律的にも規約的にも適正にオンラインカジノを利用するためには、必ず自分自身の決済手段を利用するようにしてください。

違法な運営をしているオンラインカジノに注意

オンラインカジノを利用する上では、違法な運営をしているオンラインカジノを避ける必要があります。
仮に違法性のあるオンラインカジノを利用した場合には、資金をトンズラされてしまうなど、リスクはちいさく小さくありません。

違法性が疑われるオンラインカジノの運営事例

多くのオンラインカジノが日本市場に進出してきたこともあって、違法な運営を疑いたくなる事例も多くあります。
例えば横綱カジノは予告なくサイトを閉鎖したことで有名です。

突然の閉鎖の後に一旦復活しましたが、その後再度アクセスできない状態となりました。

横綱カジノの良い評判と悪い評判!危ないオンラインカジノの疑惑ありこのページでは、横綱カジノの評判や悪評についてステマなしでわかりやすくまとめています。マイナーの印象が強い横綱カジノですが、その口コミや評価に嘘や偽りはないのでしょうか?損をしないためにも、ぜひ事前にチェックすることをおすすめします。...

ほかにも無名なオンラインカジノを中心に、違法な運営をしていた事例は数知れずです。
今後も情弱の日本人ユーザーを狙って悪徳な違法カジノが増えてくることが懸念されます。

オンラインカジノの違法性の確かめ方

オンラインカジノの違法性の無さを確かめる方法は、きちんと公的なライセンスを取得しているか否かを確認することです。

基本的にオンラインカジノの公式サイトでページを一番下までスクロールすると、ライセンスのアイコンが表示されます。

ライセンスアイコンをクリックするとライセンス証のページに遷移し、有効か否かをチェック可能です。

「VALID」「LICENSED」といった文字が記載されていれば、その時点では違法性なく運営されているオンラインカジノであることが分かります。

ライセンス証を確認できなかったり、ライセンスの有効期限が切れていたりする場合には、少し注意が必要です。

例えば本記事を執筆している2021年8月1日時点では、日本でもトップクラスに信頼性が高いと言われるインターカジノのライセンス有効期限が切れており、違法な運営状態に陥っている可能性があります。

安全なオンラインカジノが知りたい!安全性の高いオンラインカジノTOP10安全にオンラインカジノで遊びたい、安全性の高いオンラインカジノを選びたいというかたは是非参考にしてください。このページでは、ネットの評判や運営会社の信頼性から、安全に利用したい人向けのオンラインカジノをランキング形式で紹介します。リスクを少しでも減らしたい方は是非参考にしてください。...
オンラインカジノはグレーな部分が多いため、違法性のあるカジノも存在しないとは言い切れない。
安全性の高いオンラインカジノもぜひチェックしてくれ。
オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。