オンラインカジノの基礎知識

閉鎖・終了したオンラインカジノが多すぎる!?【撤退しそうなカジノの見分け方】

最近はほぼ毎月のように新しいオンラインカジノが日本語サイトをオープンしています。

その一方で、なかなか集客に成功せず、残念ながらサイトを閉鎖してしまったオンラインカジノも少なくありません。

この記事では残念ながら閉鎖してしまったオンラインカジノや、閉鎖しそうなオンラインカジノに見られる特徴について詳しく解説していきます。

閉鎖・日本撤退したオンラインカジノ

実際に閉鎖したオンラインカジノの事例をいくつか紹介します。

カジノエックス・ジョイカジノ

カジノエックス及びジョイカジノは2021年6月末に閉鎖することが発表されたオンラインカジノです。
7月以降は系列のボンズカジノに一本化して運営されることになります。

ボンズ(bons)カジノの評判・口コミ完全暴露【2021年最新版】ボンズ(bons)カジノの評判や口コミについてまとめました。ボンズカジノは出金拒否、出金できない事例があるとの噂もあります。人気の高いボンズカジノですが、その口コミや評価に嘘や偽りはないのでしょうか?トラブルになって損をしてしまう前に、ぜひこの記事を読んでみてください。...

カジノエックスもジョイカジノもかなり人気度が高く、使い勝手もよかっただけに、寝耳に水のニュースでした。

むしろ閉鎖するならボンズカジノの方が先だろうという印象すらあった。
カジノエックス閉鎖の理由はイマイチよくわからないな。

しかしカジノエックスほどのオンラインカジノでも、閉鎖しなければならないことがあるという教訓を得ることができます。

まね吉

まね吉は2020年に日本人向けオンラインカジノとしてオープンしたオンラインカジノです。
しかし2021年2月12日をもって、サイトは閉鎖されることになりました。

まね吉はきちんと事前に告知をした上で、ユーザーにもしっかりと出金するように促していました。
その意味では、悪質性は全くなかったと言えます。

まね吉が閉鎖した最大の理由として考えられるのは、系列であるチェリーカジノに一本化して運営したいと考えたということが挙げられます。

チェリーカジノの評判・口コミを徹底分析【2021年最新考察】このページでは、チェリーカジノの評判や口コミについてステマなしでわかりやすくまとめています。運営歴が長く、日本人ユーザーの多いチェリーカジノですが、その評判や評価に嘘や偽りはないのでしょうか?損をしないためにも、ぜひ事前にチェックすることをおすすめします。...
まね吉には決して悪い評判はなく、むしろ好意的な口コミも多かっただけに、残念だった。

やはり複数のオンラインカジノを同時に運えしていくというのは、簡単なことではないと思わされます。

横綱カジノ

横綱カジノは歴代でもワーストの方法で閉鎖したオンラインカジノです。
2021年5月末に突然サイトにログインできなくなったということで、まさに夜逃げのような形で姿をくらましました。

Twitterやインスタグラムのアカウントも一気に閉鎖したということで、完全に確信犯です。

「オンラインカジノはきちんとライセンスを取得していれば安心」と言われていましたが、横綱カジノは完全に常識を打ち破ってくれました。

少なくともオランダ領キュラソー島のライセンスについては、ライセンスがあるからという理由で信頼しすぎない方が良さそうです。

メタルカジノ

メタルカジノは2020年11月に突然サイトが閉鎖することになりました。

ボーナスのベットリミットがなかったり、出金スピードが非常に速かったりするなど、ユーザーからの人気はそれなりに高かったオンラインカジノです。

メタルカジノが閉鎖されることになった理由としては、運営会社であるClass Innovation B.Vがライブカジノハウスとスポーツベットの運営に注力したいということが考えられます。

ライブカジノハウスの評判・口コミまとめ【出金が遅いってホント?】ライブカジノハウスの評判や口コミを徹底的に解説します。出金が遅い、出金拒否されるという噂もあるライブカジノハウスハウスですが、その噂は本当なのでしょうか?安心してライブカジノハウスで遊ぶために、事前に知っておきたい情報をまとめました。興味のある人はぜひ読んでください。...

実際にライブカジノハウスとスポーツベットはそれぞれ、メタルカジノと同じようなメリットがあるオンラインカジノとしてユーザーからも好評です。

またメタルカジノは、いつかまた復活するかのような雰囲気を漂わせるツイートもしています。

ワンダリーノ

ワンダリーノは2021年2月末を持って閉鎖したオンラインカジノです。

出金条件なしのフリースピンが毎日貰えたり、充実したロイヤリティプログラムがあったりするなど、かなり使い勝手の良いオンラインカジノだっただけに、筆者としてワンダリーノの閉鎖はかなり残念でした。

しかしワンダリーノは閉鎖する6か月以上も前から告知をするなど、かなり良心的な業者だったと言えます。
また閉鎖前にはミスティーノとパートナー契約を結び、ワンダリーノの魂はミスティーノに受け継がれました。

ドリームカジノ

ドリームカジノは2016年に突如として閉鎖したオンラインカジノです。
ドリームカジノが閉鎖にいたった大きな理由としては、日本人が直接運営に関わっていると見なされたことが挙げられます。

不運にも、当時はスマートライブカジノの日本人プレイヤーやNetBanQの運営者など、オンラインカジノ関連の逮捕者が続出していた時期です。

そのため実際には日本人が運営していたわけではなかったドリームカジノも、ある意味こじつけのような形で運営者が逮捕されることとなりました。

日本はもちろんのこと、カジノが合法化されていない国や地域の会社が運営しているオンラインカジノは、閉鎖されるリスクも覚悟しておかなければなりません。

お台場カジノ

お台場カジノは2009年に夜逃げのような形で閉鎖したオンラインカジノです。
2006年から安定的な運営をしていたものの、2009年初頭から出金遅滞が常習化、さらに同年夏に行われたリニューアルによってユーザーがログインできない状態へと陥ります。

ログインできなくなった以上、当然ユーザーが資金を出金することもできなくなり、そのまま閉鎖する運びとなりました。

何も告知をしないままサイトを閉鎖したということで、かなり悪質性が高い業者と言えます。
そのためお台場カジノが取得していたフィリピンのライセンス(ファーストカガヤン)は信頼性がかなり疑問視されるようになりました。

やまとベット

やまとベットは運営開始以来、ネタ枠のオンラインカジノとして悪目立ちをしていました。
Twitterでユーザーとサポートが繰り広げる舌戦には、思わず苦笑いをしてしまった方も多くいるでしょう。

そしてオープンしてから間もない2020年7月に、そのままサイトを閉鎖することになりました。

告知をしているだけまともですが、何と閉鎖日の前日に告知をしています。
プレイヤーに閉鎖を気づかせぬまま、資金を盗み出そうとする姿勢が見え見えですね。

やまとベットからは、「サポートが終わっている業者は長続きしない」という教訓を得ることができます。

閉鎖しそうなオンラインカジノの見分け方

きちんと告知をして閉鎖するオンラインカジノならまだしも、横綱カジノのように夜逃げのような形で閉鎖するオンラインカジノも今後は増えてくるでしょう。

オンラインカジノを安全に利用していくためには、閉鎖しそうな業者を最初から選ばないことが重要です。

安全なオンラインカジノが知りたい!安全性の高いオンラインカジノTOP10安全にオンラインカジノで遊びたい、安全性の高いオンラインカジノを選びたいというかたは是非参考にしてください。このページでは、ネットの評判や運営会社の信頼性から、安全に利用したい人向けのオンラインカジノをランキング形式で紹介します。リスクを少しでも減らしたい方は是非参考にしてください。...
安全性の高いオンラインカジノは別記事で解説している。
少しでもリスクを下げたいギャンブラーはぜひチェックしてくれ。

具体的に閉鎖しそうなオンラインカジノに見られる特徴について、詳しく解説します。

ボーナスの内容がお得すぎる

オンラインカジノと言えばボーナスの充実度が大きな魅力です。

でもあまりにもお得すぎるボーナスを提供している場合は、疑ってかかった方が良いかもしれないわ。

というのも、ボーナスは運営側にとって大きな負担になるためです。
甘いボーナスをバンバン提供しまくっていれば、当然利益が出ず、赤字体質に陥ってしまいます。

実際に閉鎖したオンラインカジノの中には、ボーナスの魅力度が高いオンラインカジノも少なくありませんでした。

しかしミスティーノやレオベガス、ギャンボラのように、お得なボーナスが長い期間に渡って継続し続けている場合には、さほど閉鎖のリスクを心配する必要はありません。

もしお得なボーナスオファーが始まった場合には、すぐに飛びつかず、一定期間継続するか様子を見てみると、安心して利用できるでしょう。

姉妹カジノに比べて存在感が薄い

姉妹カジノと比較して相対的に存在感が薄いオンラインカジノも、閉鎖する可能性があります。

運営会社の経営状態が芳しくない場合には、事業再編により切られるリスクが大きいためです。

実際にまね吉はチェリーカジノと比べて、メタルカジノはライブカジノハウスに比べて、収益が上がりにくいと判断をされたと考えることができます。

出金トラブルが常態化している

出金トラブルが常態化しているオンラインカジノは、かなり閉鎖の危険性が高いと言えます。
特に財政状況が困っていなければ、スムーズに出金対応ができるはずだからです。

逆に出金トラブルが起きるオンラインカジノは、財政的に芳しくない状況である可能性が高いと見ることができます。

出金トラブルは、Twitterで「カジノ名 出金」のような形で調べれば、色々と事例を見ることができる。

ただし、出金できないのはプレイヤー側に原因があるケースも多い点は注意してください。

サポートの評判が悪い

サポートの評判の悪さも閉鎖リスクを判断する1つの指標になり得ます。
なぜならオンラインカジノの収益はユーザー数に大きく依存するためです。

ユーザーが少なければ、オンラインカジノは必ず赤字に転落してしまいます。

サポートの評判が悪いオンラインカジノは、恐らく新規のユーザーを集められないでしょう。
実生活でも、口コミが悪い飲食店には入店したくないのと同じようなイメージです。

サポートの評判が悪いオンラインカジノは、新規のユーザーが集まらず、さらに閉鎖のリスクを感じたユーザーの流出も招くことによって、さらに閉鎖のリスクが高まるという悪循環に陥っていきます。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

今なら登録だけでボーナスがもらえる!
オンカジ入金不要ボーナス特集