オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノで返金は可能!?返金できるパターンとできないパターン

日本の法律ではカジノは禁止されていますが、オンラインカジノの場合はカジノが合法である国に拠点を置いてあります。
今の日本の法律の場合、賭博罪は運営側とプレイヤー側の双方とも違法でなければ成立しません。

そのため、運営側がオンラインカジノなどの賭博を経営するにおいて合法の国であれば、カジノを禁止している日本でプレイしても罪に問われないという訳です。

しかしそうなると、「日本の法律で保障されていない」ということ。
オンラインカジノは、カジノ側の国の法律に基づいて運営していますが、不安に思うかもしれません。

入金してみたは良いけれど、勝ってもちゃんと出金できるのでしょうか?また、返金はできるのでしょうか?

この記事では、オンラインカジノの返金について考えてみたいと思います。

返金処理の前に、やるべきこと

返金手続きをする大前提として、オンラインカジノから出金する場合には2つの条件があります。

1つはオンラインカジノ用の口座が必要なこと、2つ目は初回の出金時には本人確認書類の提出が必要なことです。
どちらとも済んでいないと返金はおろか、通常の出金も出来ません。

オンラインカジノ用の口座を用意する

入金はクレジットカードから対応しているサイトも多いですが、逆にクレジットカードへの出金は基本的に不可です。

また、最近は銀行口座の振り込みに対応しているオンラインカジノもありますが、電子決済サービス等の口座があると便利です。

お金の流れとしては

  1. オンラインカジノへ入金
  2. カジノへ出金(返金)依頼
  3. カジノ用口座へ出金(返金)
  4. カジノ用口座から銀行口座などへ出金

となります。
カジノ専用の決済口座にはエコペイズがおすすめです。

https://www.onlinecasino-gambler.com/ecopayz/

本人確認書類の提出(初回出金時)

同系列のカジノサイトや本人確認不要のオンラインカジノで遊戯している場合などを除き、初めて出金する場合には必ず本人確認書類の提出が必要となります。

本人確認書類とは顔写真付きの身分証明書と、住所が確認できる公共料金の請求書などです。

オンラインカジノで返金されるパターン

前述のオンラインカジノ専用の決済口座があること、本人確認書類を提出していることを踏まえた上で、返金されるパターンを説明します。

ゲームのエラーでベットした金額が無くなった場合

オンラインカジノで遊戯中にフリーズなどで強制終了してしまうと、再開時には続きから始まるようになっています。

しかし、稀に賭け金額が無くなってしまうケースも存在します。
その場合は、各カジノのライブチャットなどの問い合わせ窓口に相談すれば返金されるケースあります。

しかし、エラー内容によっては調査に数日以上の時間がかかる場合もあります。
何回かリロードするだけでも途中から始まることがあるため、相談する前に試してみましょう。

入金後、ゲームをプレイする前の場合

基本的には、オンラインカジノは入金してしまうと入金額以上ベットしないと引き出しは出来ない…という決まりがあります。

ですが、理由によってはゲームをプレイする前なら返金が可能な場合があります。

例えばデモプレイで面白いゲームがあったので入金したとします。
しかし、いざリアルマネーでプレイしようとすると、そのゲームが無かった…。
遊ぶゲームが無いから返金したい…このような理由なら返金されるパターンもあり得ます。

オンラインカジノはパチンコ・パチスロ機などと違い設置期限はありませんが、ゲームメーカー側との契約が切れたり、収益率が良くなかったりなどの理由で「前にプレイしたゲームが今は無くなっている」というケースもあるのです。

歴史が長いオンラインカジノなどでは、リアルマネーでは無くなっているがデモプレイではそのゲームがプレイ出来るようになったまま放置されている、といったこともあります。

オンラインカジノで返金できないパターン

実際は返金できないパターンのほうが圧倒的に多いです。
というのも、カジノ側はマネーロンダリングに利用されるケースなどを警戒しているからです。

他にも、クレジットカードで入金した場合でも、入金したお金をそのまま理由無く返金してしまうと為替手数料だけでお金が借用できてしまいます。

また、入出金時にプレイヤーにキャッシュなどに変更出来るポイントが入るカジノ口座やオンラインカジノも存在します。
こちらも入金と返金を繰り返されてしまうと、カジノ側がポイントを出した分の赤字になってしまう訳ですね。

そのため、返金については各オンラインカジノの規約などに厳しく記載があります。

入金後に少しでも遊戯してしまった場合

入金後に少しでも遊戯してしまったパターンでは、返金は出来ません。
当たり前ですが、ギャンブルとして賭けてしまったので、失ったとしてもお金は戻っては来ません。

また、出金するには入金額以上賭ける必要があるため、必要以上にお金は入金しないようにしましょう。

ボーナスを付与して遊戯した場合

オンラインカジノでは、特に初回入金時などでは入金額に対して「100%ボーナス」などの付与を行っているサイトが多いです。

例えば100ドルに対して「100%ボーナス」を申請した場合、ボーナス分100ドルが加算され、実質200ドルからゲームを始めることが可能です。

ですが、出金には「入金額の40倍以上をゲームで賭ける必要がある」などの条件が付いています。
今回のケースなら100ドルの40倍で4,000ドル以上を賭ける必要がありますね。
ボーナスを申請した時点でこのような足かせが付いてしまうので、よく考えてから使いましょう。

オンラインカジノで返金された事例や考察

私が実際に経験した事例を紹介します。

やりたいゲームが無い、という理由で返金

あるオンラインカジノでの出来事です。
私はカジノへ100ドルを入金後、ライブチャットで申請をして100%入金ボーナスを付与しました。キャッシュ100ドル+ボーナス分100ドルです。

そのサイトではイギリス式のブラックジャックである「ポンツーン」をいつもプレイしていましたが、いざプレイしようとした際に「ポンツーン」が消えていることに気づきました。

突然無くなっていたのでライブチャットで「ポンツーンはプレイ出来ないのでしょうか?」と質問したところ、「今はプレイ不可能です」との回答を得ました。
私は「ポンツーンがプレイ出来ないなら返金してほしいです。」と頼みました。

結果、100%入金ボーナスを申請していましたが、ゲームプレイ前だったためボーナス100ドルを外してもらい、100ドル分を返金してもらうことが出来ました。

返金交渉の可能性が高まる方法

本来ならば、今回のケースでは遊びたいゲームが存在するか調べてから入金しなかった私側にも非があるかもしれません。

しかし、理由が無いよりかは何がしか理由があったほうが通ることもあります。
また、入金額が低額の方が応じてくれる可能性が高いです。
1,000ドル以上の入金の返金は、よっぽどの理由が無い限り応じてくれないかもしれません。

しかし、返金してもらえるにしろ入金時の手数料までは返金されないため、最も良い解決方法は入金しないことかもしれません。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。

POSTED COMMENT

  1. ひでぼん より:

    あるオンラインカジノのフリースピン購入で60$で購入したやつが180$で購入されており60$の証拠画像もあるのですが返金対応に半月たってもまだ解決していません。
    最悪です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。