オンラインカジノの基礎知識

オンラインカジノで自己破産は可能?後悔しないために知っておくべきこと

オンラインカジノは一夜にして大金を稼げる反面、やりこみすぎてしまって借金地獄に陥る可能性もあります。
その際安全に生活できるようにする上で選択肢になるのが自己破産です。

オンラインカジノで大負けした場合に自己破産はできるのか、本記事で詳しく解説していきます。

オンラインカジノで自己破産はできる?

オンラインカジノで大負けして借金地獄に陥った場合、自己破産できるか否かはケースバイケースです。
一般にギャンブルによって膨らんだ借金は免責が認められていないため、自己破産はできないと言われています。

自己破産に関する法的規定(破産法)にも以下の記載があります。

裁判所は,破産者について,次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には,免責許可の決定をする。

(中略)

④ 浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ,又は過大な債務を負担したこと

(後略)

引用元:破産法第252条第1項

よって法律的にはオンラインカジノによる自己破産はNGです。

しかし実際にはオンラインカジノで大きな借金を作ったプレイヤーの自己破産が認められたケースもあるようです。

実は前述した破産法には以下のような続きの規定もあります。

前項の規定にかかわらず,同項各号に掲げる事由のいずれかに該当する場合であっても,裁判所は,破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは,免責許可の決定をすることができる。

引用元:破産法 第252条 第2項

本来は自己破産ができない場合でも、「裁量免責」といって個別具体的な事情を鑑みて自己破産を認めてもらえるケースもあるのです。
そのためオンラインカジノでの自己破産可否については、申告してみなければ分からないと言えます。

自己破産に関するルール

オンラインカジノで自己破産をしたい場合には、きちんと自己破産のルールについて把握しておくことが大切です。
具体的に知っておくべきルールについて、詳しく解説します。

免責が認められないと自己破産ができない

自己破産はいつでも誰でもできるわけではありません。裁判所に免責を認められて初めて自己破産ができます。

上述した通り、基本的にはギャンブルで作った借金については自己破産ができません。
仮に自己破産ができなかった場合には、借金の返済義務が継続するため、その後も完済するまで借金地獄に苦しめられることになります。

虚偽の申告をしてはならない

「オンラインカジノの借金は自己破産が認められないのでは」と不安に思って、虚偽の申告をしようとする人もいるでしょう。
しかし虚偽の内容で申告したり、虚偽の資料を作成したりするのは破産法により明確に禁じられています。

裁判所は,破産者について,次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には,免責許可の決定をする。

(中略)

⑧ 破産手続において裁判所が行う調査において,説明を拒み,又は虚偽の説明をしたこと

引用元:破産法 第252条第2項

後ろめたい気持ちはもちろん分かりますが、事情はきちんと正しい形で伝えるようにしましょう。

必要最低限の財産以外は没収される

自己破産が認められると、その時点で借金の返済義務はなくなります。
しかし債権者に対して配当するために、必要最低限の財産以外は没収されることになります。

必要最低限の財産とは具体的に、現金ならば99万円まで、その他財産については20万円までです。

裁判所によってはトータルで99万円までというルールで運用している場合もあります。
その他の財産については、現金、金融商品、動産、不動産、貴金属など、あらゆる財産が没収の対象となります。

財産隠しのための名義変更はNG

上述した没収対象になるのは、破産者名義の財産のみです。
つまり家族や同居人であったとしても、破産者名義でなければ没収されることはありません。

そこで「一旦自分以外の名義に変更しておこう」という対策を考える人もいるでしょう。
しかしもちろんNGです。
財産隠し目的での名義変更が行われた場合には、免責が認められなくなり、自己破産できなくなります。

特に自動車や不動産、金融商品などの名義変更は、裁判所が調べればすぐにバレてしまいますので注意してください。

偏頗弁済はNG

偏頗弁済とは債権者の一部だけを優遇して、予め自己資金で弁済を行うことです。
借金を返済する行為なので問題ないようにも見えますが、破産者の任意で債権者に優先順位をつけるような行為は禁じられています。

というのも、自己破産後の弁済の優先順位は法律によって規定されているためです。

第1項 配当の順位は,破産債権間においては次に掲げる順位に,第1号の優先的破産債権間においては第98条第2項に規定する優先順位による。

① 優先的破産債権

② 前号,次号及び第4号に掲げるもの以外の破産債権

③ 劣後的破産債権

④ 約定劣後破産債権

第2項 同一順位において配当をすべき破産債権については,それぞれその債権の額の割合に応じて,配当をする。

引用元:破産法第198条

「あの債権者にはお世話になっているから」という気持ちは持たず、自己破産をする場合にはすべての弁済を裁判所と法律だけに委ねるようにしてください。

自己破産で後悔しないために

自己破産は100%した方が良いとは限らず、自己破産により結果的に後悔してしまうという人も少なくありません。
そこで自己破産で後悔しないために意識しておきたいポイントについて解説します。

デメリットも踏まえて自己破産すべきか否かよく考える

自己破産は借金を返済しなくてよくなるというメリットの一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • ブラックリストに登録される
  • 官報に名前が掲載される
  • 破産手続き中に公的な資格を使った仕事ができなくなる
  • 自由な住居の移転ができなくなる
  • 郵便物を破産管財人にチェックされる

上記のようなデメリットも踏まえつつ、本当に自己破産した方がメリットが大きいか否かしっかりと吟味することが大切です。

オンラインカジノにクレジットカードで入金をしない

オンラインカジノで借金地獄に陥る大元の原因はクレジットカード入金にあると言われています。
クレジットカードは非常に便利な入金方法ですが、結局返済しなければならないため借金と同じ意味です。

クレジットカードを使っていると、「利用可能枠」が自分の資産と勘違いしてしまう人も多くいます。
そのためオンラインカジノに入金する際にはデビットカードやプリペイドカード、銀行振込などの返済義務が付帯しない方法を利用するのがおすすめです。

デビットカード入金が有利なオンラインカジノ5選!【2021年最新版】オンラインカジノはデビットカードが利用可能です。しかしすべてのオンラインカジノが対応しているわけでなく、デビットカードで入金できるのはごく一部です。このページでは、デビットカードが利用できるおすすめのオンカジを5つ厳選して紹介します。デビットカードで入金したい方は是非参考にしてください。...
デビットカードは使いすぎの防止に有用だ。
利用者数も増えているようだな。
デビットカードが使えるオンラインカジノの記事に、詳しく解説しているわ。

借金をオンラインカジノで返そうとしない

オンラインカジノをプレイしていると、労働するのがバカバカしく感じられるような高額の賞金を稼ぐこともあります。
そのため「借金を返すには労働するより、オンラインカジノで一発あてた方が早い」と考える人も多いでしょう。

しかし現実は甘くなく、ただただ借金が膨らむだけというケースも珍しくありません。

仮に勝てても「借金が返済できるだけで利益が出ていない」という満足感のなさから、さらにベットをしてしまい、結果としてむしろ借金が大きくなっただけ、ということはよくある話です。

オンラインカジノで自己規制を設定する

オンラインカジノで過度に大きな借金を背負わないためには、自己規制を設定しておきましょう。

「自分はプレイしすぎる心配はない」と考えていても、ギャンブル中はドーパミンがドバドバ分泌されて、正常な決断ができなくなります。
そのため自分の意志力だけでギャンブルを止めようと思ってもできないのです。

オンラインカジノ各社ではロスリミット、入金額リミット、連続プレイ時間制限などの自己規制ができますので、必ず活用するようにしましょう。

無限にオンラインカジノをプレイできる環境を作らない

オンラインカジノの自己破産を防止する最大の方法は、オンラインカジノをやり込みすぎないことです。
そのためいつまでも無限にプレイできる環境を作らないようにしましょう。

具体的には以下のような方法により対策することができます。

  • 1時間以内に友人と会う予定を決めておく
  • 少しでも利益が出たらすぐにプレイを止める
  • 使用するデバイスのバッテリーが少ない状態でプレイする

長くプレイし続けると必ず負けるのがギャンブルの常識である、ということを強く肝に銘じてオンラインカジノをプレイするようにしましょう。

オンラインカジノはあくまでも娯楽目的と考える

間違ってもオンラインカジノで生活費を稼ごうと思ってはいけません。あくまでもオンラインカジノは娯楽として捉え、本業での稼ぎに支障がでないようにしましょう。

オンラインカジノを始めると、びっくりするくらい簡単に稼ぐことができます。
結果として調子に乗って大爆死、借金地獄、自己破産へと繋がるケースが珍しくありません。

オンラインカジノで生計を立てられるのは、リスクを冒さずとも定期的にリベートボーナスを獲得できるような一部のハイローラーのみです。
一般人ならばあくまでもオンラインカジノを娯楽として楽しむようにしましょう。

必要な支払いを終えて残った余裕資金でプレイする

「オンラインカジノで稼いでから生活費の支払いを行う」と考える人がいますが、正しくは逆です。
「生活費を支払ってから残った資金でオンラインカジノをプレイする」というプレイスタイルでないと、遅かれ早かれ借金地獄に陥ります。

上述した通り、クレジットカードで入金を行うと、入金が完了した時点で「クレジットカードの利用代金」という新たな債務が生じてしまいます。

そのため、必ず債務が発生しない方法により入金を行い、仮に負けてしまっても生活には支障が出ないようにしておきましょう。

オンラインカジノは軍資金1万円で稼げる?資金1万円の人の遊び方とはこのページでは、軍資金1万円からでもオンラインカジノ遊べるのかを考察してみました。また、1万円でも十分勝てるゲームや、1万円から増やすための攻略法についても解説しています。低資金でオンカジを始めてみたい方は是非参考にしてください。...
オンラインカジノは少資金でも十分遊べる。
余裕のある範囲で楽しむことだ。

オンラインカジノの成功体験ばかりを見ない

インターネットやSNSを調べると、オンラインカジノで大勝したような体験を多く見ることができます。
そして「次は自分も」と思う人が多くいるでしょう。しかし実際には勝者よりも敗者の方が圧倒的に多く存在します。

普通にオンラインカジノをプレイしてれば、ペイアウト率上敗者になる可能性の方が大きいのが現実です。
そのためオンラインカジノの成功体験を見て憧れを抱くばかりではなく、オンラインカジノの自己破産の体験談などを見て、自分も同じような事態になる可能性があるということを考えるようにしましょう。

地獄のような失敗体験談を読んでおくことで、取り返しがつかない事態を未然に防ぐことができるはずです。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: 当サイトでは右クリックは禁止されています。