ルーレット

ルーレットのルールを徹底解説【2020年最新】

ルーレットはカジノを象徴するギャンブルのひとつです。その知名度はきわめて高く、たとえギャンブルを一切しなくてもルーレットを知らないという人はほとんどいないでしょう。

しかし一方ではよほどカジノ慣れしている人を除いて、ルーレットの詳しいルールまで知っている人はむしろ少ないといえます。

この記事ではルーレットのルールを徹底的に解説し、さらに実際の画像を交えてゲームの流れについて紹介します。

おすすめのオンラインカジノもあわせてご紹介しているので、これからルーレットで遊んでみようという人はぜひチェックしてください。

ルーレットのルールを解説

それでは早速、ルーレットのルールについて詳しく解説していきます。

ひとくちにルーレットはといってもカジノではテーブル、オンラインカジノではソフトウェアによってさまざまなルールがありますが、大きくアメリカンルーレットとフレンチ(ヨーロピアン)ルーレットの2つに分類できます。

アメリカンルーレットとフレンチルーレット

アメリカンルーレットとフレンチルーレットの違いはルーレット盤に作られたマス目の数です。

フレンチルーレットのマス目は「1」~「36」までの数字と「0」の合計37箇所ですが、アメリカンルーレットには「1」~「36」までの数字に加えて「0」と「00」の合計38箇所のマス目があります。

基本的な遊び方はどちらも変わりませんが、フレンチルーレットの方がルーレット盤のマス目がひとつ少ない分わずかながらプレイヤーの予想が的中しやすく、ハウスエッジも小さいのでプレイヤーにとって勝ちやすいゲームだといえるでしょう。

ゲームの流れ

ルーレットでは以下のような流れでゲームが進行していきます。

  1. 任意のベットエリアにチップをベットする。
  2. ルーレット盤にボールが投げこまれる。
  3. ルーレット盤のマス目にボールが落ちたら、その結果に応じて配当を受け取る。

オンラインカジノのテーブルゲームではベットが終わってからボタンをクリックしてルーレット盤にボールを投げこみますが、ライブカジノやランドカジノではディーラーがルーレット盤にボールを投げこんだ後でもベットが可能です。

これはカジノ側のイカサマを防止する意味合いがあり、イカサマ防止の観点からディーラーではなく機械によってルーレット盤にボールが放たれる仕組みになっているゲームもあります。

このようにベットが締め切られるタイミングに多少の違いはありますが、基本的には上記の流れで進んでいくと考えて問題ありません。

ルーレットの配当

ルーレットにはさまざまな賭け方があり、賭け方によって配当は大きく異なります。

ここではルーレットの賭け方と配当について詳しく解説するので、ぜひ最後まで目を通すようにしてください。

ルーレットの賭け方はインサイドベットとアウトサイドベットの2つに大別できます。

インサイドベットとはベッティングエリアの数字が書かれている箇所に直接チップをベットすることを指し、それ以外の賭け方をアウトサイドベットと呼びます。

アウトサイドベット

まずはアウトサイドベットの賭け方について解説します。

アウトサイドベットとはアウトサイドエリア、つまりベットエリアのうち数字が書かれていないエリアにチップを置く賭け方の総称です。

インサイドベットと比べると配当は小さい傾向にありますが、その分的中しやすい賭け方なので慣れないうちはアウトサイドベットを中心にプレイすると良いでしょう。

レッド・ブラック(RED/BLACK)

レッド・ブラックはその名のとおりルーレットの出目が「赤」か「黒」かを予想する、ルーレットにおいてもっともポピュラーな賭け方です。

ルーレット盤のマス目は「0」と「00」を除いて、すべて赤と黒に分かれています。

勝率はほぼ1/2なので、初めてルーレットに挑戦するという人はレッド・ブラックから賭けることをおすすめします。

レッド・ブラックの配当は2倍(1:1)です。

オッド・イーブン(ODD/EVEN)

オッド・イーブンはルーレットの出目が「奇数」か「偶数」かを予想する賭け方です。

レッド・ブラックと同様におよそ1/2の勝率があるので、初心者の方でも安心してベットできますよ。

オッド・イーブンの配当は2倍(1:1)です。

ハイ・ロー(19-38/1-18)

ハイ・ローはルーレットの出目が「ハイ」か「ロー」かを予想する賭け方です。

ハイは「19」~「36」、ローは「1」~「18」を指し、「0」と「00」はどちらにも含まれません。

こちらもおよそ1/2と高い勝率の賭け方なので、ルーレットの初心者にもおすすめですよ。

ハイ・ローの配当は2倍(1:1)です。

ダズンベット(1-12/13-24/25-36)

ダズンベットは「dozen」という名前のとおり、「1」~「36」までの数字を1ダースずつのブロックに分けたとき、ルーレットの出目がどのブロックに入るかを予想する賭け方です。

ダズンベットのブロックには「1」~「12」、「13」~「24」、「25」~「36」の3つがあります。

配当は3倍(2:1)です。

コラムベット(1st/2nd/3rd)

コラムベットは「1」~「36」までの数字をインサイドベットエリアの並びに沿って1列ずつ3つのブロックに分けたとき、ルーレットの出目がどのブロックに入るかを予想する賭け方です。

コラムベットのブロックには以下の3つがあります。

  • 1、4、7、10、13、16、19、22、25、28、31、34
  • 2、5、8、11、14、17、20、23、26、29、32、35
  • 3、6、9、12、15、18、21、24、27、30、33、36

これまでに紹介した賭け方と違って結果が直感的にはわからないので、初心者にはあまりピンとこない賭け方かもしれません。

コラムベットの配当は3倍(2:1)です。

インサイドベット

続いてインサイドベットについて解説します。

インサイドベットとはインサイドエリア、つまりベットエリアのうち数字が書かれているエリアに直接チップを置く賭け方の総称です。

インサイドベットはアウトサイドベットと比べて配当が高いですが、その分勝率が低いので初心者のうちは避けておいた方が無難でしょう。

一方で、この賭け方のバリエーションの豊富さこそルーレットの大きな魅力だといえるので、アウトサイドベットとインサイドベットを組み合わせるなどしてリスクを分散することをおすすめします。

ストレートアップ

いわゆる一点賭けです。

アメリカンルーレットよりも勝率の高いフレンチルーレットでもストレートアップの勝率は2.7%とかなり低いため、単体でストレートアップにベットすることは決しておすすめできません。

ただしストレートアップを何箇所か同時にベットすれば、ベットした箇所数に比例して勝率も高くなるので、併用する戦略によっては有用な賭け方だといえるでしょう。

ストレートアップの配当は36倍(35:1)です。

スプリットベット

隣り合った数字の中間にチップを置いて、2箇所の数字に賭けることをスプリットベットと呼びます。

隣り合っていればどこにでも賭けることが可能であるため、スプリットのバリエーションは多岐にわたります。

スプリットの配当は18倍(17:1)です。

コーナーベット

4つの数字の中心にチップを置いて、4箇所の数字に賭けることをコーナーベットと呼びます。

こちらもスプリットと同様に、4つの数字の中心ならどこにでも賭けられるので、バリエーションは多彩です。

コーナーベットの配当は9倍(8:1)です。

ストリートベット

ダズンベットとインサイドベットエリアの境目にチップを置いて、縦につらなる3箇所の数字に賭けることをストリート(スリーライン)ベットと呼びます。

全部で12のパターンがあり、配当はいずれも12倍(11:1)です。

ダブルストリートベット

ダズンベットとインサイドベットエリアの境目、かつ隣り合った2つの数字の中間にチップを置いて、縦2列6箇所の数字に賭けることをダブルストリート(シックスライン)ベットと呼びます。

全部で11のパターンがあり、配当はいずれも6倍(5:1)です。

フォーナンバーベット

フォーナンバーベットとは、ダブルストリートベットのうち「0」と「1」境目にチップを置く賭け方を指します。

フレンチルーレットでは「0」「1」「2」「3」の4に箇所ベットする賭け方であるためフォーナンバーベットと呼ばれますが、ルーレット盤に「00」のマス目があるアメリカンルーレットでは「0」「00」「1」「2」「3」の5箇所にベットすることからファイブナンバーベットと呼びます。

フォーナンバーベットの配当は9倍(8:1)です。

ルーレットで遊んでみた

ルーレットのゲームの流れと賭け方についておぼえたら、次は実際にプレイしてみましょう。

上で紹介した賭け方を順にベットしていくので、おさらいをするつもりで最後まで読んでみてください。

1ラウンド目

まずはレッド・ブラックです。

ベット額を$10に設定して、ブラックにベットします。

配当は2倍(1:1)なので、ルーレットの出目が黒なら、賭け金と同額の配当が賭け金とは別に獲得できる計算ですね。

ルーレットの出目は「35」の黒でした。

予想が的中したので、$20の配当を獲得します。

2ラウンド目

次はオッド・イーブンです。

1ラウンドの出目が奇数=オッドだったので、今度は偶数が出ると読んでイーブンに$10をベットします。

ルーレットの出目は「17」でした。

いうまでもなく「17」は奇数なので、イーブンにベットした$10は没収となります。

3ラウンド目

次はハイ・ローです。

2ラウンドの出目がローだったので、次はハイが出ると予想してハイに$10をベットします。

ルーレットの出目は「13」でした。

ハイは「19」~「36」までなので、連敗を喫する結果となりました。

4ラウンド目

続いてはダズンベットです。

適当に「3rd12」にチップを置きます。賭け金は$10のままです。

ルーレットの出目は「9」でした。

「3rd12」に含まれる数字は「25」~「36」なので、これで3連敗ですね。

5ラウンド目

次はコラムベットです。

真ん中の列に$10をベットします。

2、5、8、11、14、17、20、23、26、29、32、35のいずれかが出れば勝ちですが、どうなるでしょうか。

ルーレットの出目は「32」でした。

コラムベットの配当は3倍(2:1)なので、$30の配当を獲得です。

6ラウンド目

次はストレートアップです。

1箇所ではさすがに勝ち目が薄すぎるので、$1を10箇所にベットして勝率のアップを狙います。

残念ながら外れてしまいました。

当たっていれば$36の配当が獲得できたので、外れる確率の方が高かったとはいえ少々心残りですね。

7ラウンド目

次はスプリットベットです。

こちらもストレートアップのときと同様にベットを分散して勝率のアップを図ります。

$1を6箇所にベットしているので、賭け金は計$6です。

見事的中しました。

スプリットの配当は18倍(17:1)なので、$18の配当を獲得です。

8ラウンド目

続いてはコーナーベットです。

「7」「8」「10」「11」の中心と「26」「27」「29」「30」の中心にそれぞれ$5ずつ、計$10をベットします。

ルーレットの出目は「17」、残念ながら2連勝とはいきませんでした。

9ラウンド目

次はストリートベットです。

「4」「5」「6」、「16」「17」「18」、「28」「29」「30」の3箇所に$5ずつ、計$15をベットします。

ルーレットの出目は「30」でした。

ストリートベットの配当は12倍(11:1)なので、$5×12=$60の配当を獲得です。

これまでの損失を一気に取り戻し、収支をプラスに転じることに成功しました。

10ラウンド目

次はダブルストリートベットです。

「7」「8」「9」「10」「11」「12」に$10をベットします。

ルーレットの出目は「19」でした。

またもや連勝ならずです。

11ラウンド目

続いてはフォーナンバーベットです。

「0」「1」「2」「3」に$10をベットします。

ルーレットの出目は「21」でした。

正直あたるとは思っていなかったので、まあ妥当な結果ですね。

12ラウンド目

ひととおりの賭け方を実践したので、ここからはいろいろな賭け方を組み合わせた応用テクニックを試してみたいと思います。

「14」にストレートアップで$1、さらに隣接する8箇所に$1ずつスプリットベットをしたところ、「14」を中心に9枚のチップが並びました。

これは「フラワーベット法」と呼ばれるテクニックで、ルーレット愛好家のあいだで広く知られています。

中心となる数字に当たれば144倍の高額配当が期待できるので、基本的にはストレートアップと同様に1点を狙った戦法ですが、周辺の数字に当たれば賭け金を丸ごと回収できるなどリスクを分散する効果もあります。

残念ながら結果は外れでした。

決して勝率は高くありませんが、ストレートアップと比べればかなり勝ちやすいので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

13ラウンド目

次に実践するテクニックは少々複雑です。

まずはレッドに$36をベットしてください。

次に黒が横に2つ並んだ5箇所と、「0」と「2」の中間に$6ずつ、計$36をベットします。

最後に、まだベットしていない黒い数字3箇所に$2ずつ、計$6をベットすれば準備は完了です。

作戦成功、$72の配当を獲得です。

これは「666戦略」と呼ばれるテクニックで、計$66のベットで$6の配当を獲得できることからそう名付けられました。

的中して得られる配当は決して多くありませんが、約89%という高い確率で勝つことができるため、かなり実用度の高いテクニックだといえるでしょう。

ただし負けたときの損失が大きいので、軍資金に余裕があるときに実践することをおすすめします。

ルーレットができるオンラインカジノ

ルーレットはカジノを代表する人気のカジノゲームなので、ルーレットで遊ぶことのできないオンラインカジノなどまずありません。

オンラインカジノでルーレットを遊びたいという人にはエンパイアカジノとウィリアムヒルスポーツカジノが特におすすめです。

エンパイアカジノ

エンパイアカジノは2015年にオープンしたライブカジノ特化型のオンラインカジノです。

エンパイアカジノでログインしない状態でゲームを選択すればリアルマネーを賭けずに無料でお試しできるデモプレイモードが楽しめるので、ルーレットの練習台にはうってつけだといえるでしょう。

ただしデモプレイモードが適用できるのはテーブルゲームだけとなっているため、ライブカジノは対象外です。

ゲームの種類も多いので、ルーレット以外にもいろいろなゲームで遊びたいという人にもおすすめですよ。

ウィリアムヒルスポーツカジノ

ウィリアムヒルスポーツカジノは名前からもわかるように、スポーツブックに特化したオンラインカジノです。

その歴史は長く、ウィリアムヒルスポーツカジノの運営母体であるウィリアムヒルは80年以上にも及ぶ運営実績を誇っています。

エンパイアカジノとは違いカジノゲームを無料でプレイすることはできませんが、信頼性の高さはピカイチなので、安全性を重視する人はぜひウィリアムヒルスポーツカジノで遊んでみてください。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。