オンラインカジノボーナス情報

オンラインカジノにおけるボーナスアビューザー(ボーナスシーカー)とは!?

オンラインカジノと言えばお得なボーナスが大きな魅力です。

しかしボーナスの使い方を間違えると、ボーナスアビューザーとして認定されかねません。
ボーナスアビューザー認定を受けると、以降様々なデメリットを受けることになります。

本記事ではオンラインカジノのボーナスアビューザーについて、概念や原因、そして対策について詳しく解説してみました。

オンラインカジノのボーナスアビューザーとは

そもそもオンラインカジノにおけるボーナスアビューザーとは何なのか、簡単に解説します。

ボーナスアビューザーの定義

アビューズ(abuse)は日本語で「乱用する」「悪用する」という意味があります。
つまりボーナスアビューザーとはボーナスを乱用するプレイヤーという意味です。

乱用というネガティブな意味からも連想できるように、ボーナスアビューザーは決して望ましい姿ではありません。

オンラインカジノの運営側にとってもボーナスアビューザーは厄介で、排除したい存在ということになります。

ボーナスアビューザー認定を受けるデメリット

ボーナスアビューザーとして認定を受けた場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 以降ボーナスオファーを受けられない
  • ボーナスを出金させてもらえない
  • リアルマネーを出金させてもらえない
  • アカウントを凍結される

具体的にどんな処分を食らうかは、業者やボーナスアビューズの程度によりけりです。

「次からは気を付けてね」くらいの軽い訓告で終わることもあれば、初っ端からいきなりアカウント凍結を受けることもあります。

例えばラッキーニッキーでは、以降のボーナスが受け取れなくなるという形でアビューザー認定を受けたプレイヤーが見られました。

ボーナスアビューザーに認定される原因

ボーナスアビューザーとしての認定を受ける際は、いくつか原因が考えられます。
どのオンラインカジノにも広く共通する原因として、いくつか紹介します。

ボーナスのベット規約に違反した

禁止ゲームをプレイしたり、ベットリミットを超過したりするなど、ボーナスのベット規約を違反した場合は、ボーナスアビューザーとして認定される可能性があります。

特にベットリミットに関しては、気づかぬうちにオーバーしてしまうこともあるので注意が必要です。

例えば10ドルがベットリミットのオンラインカジノにおいて、ブラックジャックで7ドルをベットしたとします。
最初にベットした時点では規約の範囲内でプレイしているので問題ありません。

しかしインシュランスやダブルアップ、スプリットなどのアクションを使うと、ベットリミットを超えてしまう可能性があります。

リアルマネーでプレイする時とは違って、ボーナス保有時は常にリミットに注意を払わなければなりません。

またオンラインカジノによっては、ボーナス保有時に特定の賭け方を禁じることもあります。

例えばワンダーカジノはベットリミットがないものの、スロットのフリースピン購入機能を使うのはNGということで有名です。

・本プロモーションはボーナスゲームの購買(フリースピンを含む)は禁止となります。

引用元:初回入金ボーナス (casino-wonder.com)

利用する業者ごとに、細かいルールまでしっかりと目を通しておくようにしましょう。

ボーナスオファーがある際にしか入金しない

入金するのはボーナスオファーがある時だけ、というケースでもボーナスアビューザー認定を受ける可能性があります。

クイーンカジノのように毎回の入金で必ずボーナスが貰えるオンラインカジノであれば気にする必要はない。

しかし週に一度など、必ずしも毎回入金ボーナスが貰える訳ではない場合は注意が必要です。

ボーナスを売りにしている割にボーナスばかり受け取るのはNGというのは何となく矛盾を禁じ得ないものの、適度にボーナスを受け取らない入金も行うようにしましょう。

不正にボーナスを取得した

不正な方法でボーナスを取得した場合も、もちろんボーナスアビューザー認定を受けます。

不正な方法とは具体的に、複数のアカウントを開設して何度も登録ボーナスを受け取るケースなどです。

恐らくボーナスアビューザーとしては最も重いアカウント凍結処分を食らうことになるでしょう。

極端にリスクを排した賭け方をした

出金条件を消化する目的のためだけに、極端にリスクを排した賭け方をするのもボーナスアビューザー認定に繋がります。
例えばルーレットで赤と黒に同時に賭けるようなベットが一例です。

流石にアカウント凍結まで食らうことはないと思いますが、恐らくボーナスの出金はさせてもらえないでしょう。
ボーナスが没収される、もしくは再度出金条件を消化し直しということになるはずです。

オンラインカジノ業界の通例として、勝率が67%以上になる賭け方はボーナスの禁止事項と言われています。

具体的にはルーレットで25個以上の数字をカバーする賭け方はアウトだ。

なるべくある程度のリスクを負ってプレイすることを心がけましょう。

大勝ちした後に一気に低リスクベットに移行した

ボーナスで高額ベットをして大勝した後に、以降は出金条件を消化する目的だけでリスクの低いベットを行うというのもNGです。

明確な規定がなく、審査部門の裁量によりけりなのでかなり難しいところはありますが、あまりにもジェットコースター的なベット額変動は行わないように気を付けましょう。

また出金条件消化が50%以上完了した時点でテーブルゲームに移行するというのも危険と言われています。

最終的には運営側の判断にもなるため何とも言えませんが、ボーナスでベットする際は特に以下の点は気を付けておきましょう。

  • 急激にベット額を落とさない
  • スロットをプレイするなら基本はスロットのみで条件を消化する

ボーナスアビューザー認定されないための対策

ボーナスアビューザー認定を受けると上述した通り様々なデメリットを被ることになります。
当然プレイヤーにとっては望ましい事態ではありません。

そのためそもそもボーナスアビューザーとならないように対策をしておくことも大切です。具体的に取り得る対策について、3つ紹介します。

ボーナスのベット条件が緩いオンラインカジノを選ぶ

オンラインカジノによってはボーナスのベット制限がかなり緩いことがあります。

ボーナスアビューザーに認定される原因の大半はベット規約違反なので、そもそも規約が緩いオンラインカジノを選んでおけば、余計な心配をすることなくボーナスベットを楽しめます。

逆にクイーンカジノやNetBetはボーナスに関する様々な厳しい規約があるため、ボーナスアビューザー認定を受けやすいオンラインカジノと言えるでしょう。

出金条件なしのボーナスがもらえるオンラインカジノ【厳選10社を紹介】オンラインカジノのボーナスには厳しい出金条件が付帯するのが通例です。 しかし一部のオンラインカジノでは、出金条件がないお得すぎるボーナ...
オンラインカジノには出金条件がないボーナスも存在する。
利用するのも一つの手だ。

そもそもボーナスを受け取らない

ボーナスアビューザーになりたくなければ、そもそもボーナスは受け取らないというのが最もシンプルかつ効果的な対策となります。

ボーナスを受け取ること自体にも、ベット制限を受けたり、出金制限を受けたりと、デメリットは少なくありません。

オンラインカジノ側はかなりボーナスのお得さを強調してプロモーションしていますが、結局運営側にメリットがある。

実はボーナスはさほどお得ではないということも知っておけば、ボーナスアビューザー認定により余計なトラブルに発展することを防ぐことができます。

ボーナス目的以外の入金も行う

原因のところで解説したように、ボーナス目的だけで入金することはボーナスアビューザー認定の1つの要因となります。

そのためボーナス好きのプレイヤーも、たまにはボーナスを受け取らない入金もカムフラージュとして行っておくのがおすすめです。

ボーナスを受け取らなければ、ボーナス保有時とは違って完全に制限なく賭けを楽しめるというメリットも享受することができます。

ボーナスが手厚いオンラインカジノは!?

ボーナスはオンラインカジノの比較項目の重要な比較項目です。

明確に差別化できるポイントのため、各オンラインカジノは競って他社よりも魅力的なボーナスを打ち出しています。

オンカジギャンブラーの酒場では、オンラインカジノ各社のボーナス情報を詳しくまとめています。

入金不要ボーナス、キャッシュバック、リベートなど、あらゆるボーナスにおいてどのオンラインカジノが優れているかランキング形式で紹介しております。

ボーナス以外にもいろんな角度からオンラインカジノを選んでみたいという方は、オンカジおすすめランキングを御覧ください。

オンカジおすすめランキングでは、初心者から玄人にまでおすすめできるオンラインカジノをランキング形式で紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。