21カジノ

21カジノの良い評判、悪い評判を徹底暴露【2020年最新版】

21カジノは日本ではまた知名度が低いものの、ビッグなウェルカムボーナスや手厚い日本語サポート体制などが評判高く、既に日本でも大きな人気を博しています。

この記事では、21カジノの評判を紹介し、21カジノの良い面と悪い面を徹底的に解説していきます。
21カジノが本当におすすめできるオンカジなのか、詳しく解説します。

オンカジおすすめランキング【日本で評判の良いオンラインカジノ2020年最新版】このページでは、おすすめのオンラインカジノをステマなしでわかりやすくまとめています。【初心者におすすめ 】【ボーナス狙いの人におすすめ】【ハイローラーにおすすめ】等、あなたの好みや目的に沿ったオンラインカジノをわかりやすく紹介します。...

21カジノとは

21カジノについてまとめてみました。

サービス内容 オンラインカジノ・ライブカジノ
対応デバイス パソコン・タブレット・スマホ
表示対応言語 英語・日本語
表示対応通貨 米ドル・ユーロ
入金対応 クレジットカード・ecoPayz・VinusPoint
出金対応 ecoPayz・VinusPoint・銀行送金
運営会社 Betpoint Group Ltd
所在地 66A, The Strand, Sliema, SLM1028, Malta
取得ライセンス マルタ認定ライセンス MGA/B2C/203/2011

21カジノの良い評判

まずは21カジノの良い評判について、詳しく解説していきましょう。

マルタ共和国のライセンス取得で安心感抜群

21カジノは、オンラインカジノの運営に必要なライセンスをマルタ共和国の政府より取得しています。

マルタ共和国のライセンス審査は、世界でもトップクラスに厳しいということで有名。


そのライセンス審査をクリアしているわけですから、21カジノの安全性や信頼性が伺えますね。

マルタ共和国のライセンスを取得しているのは、ラッキーニッキーやNetBet、カジノシークレットなど、評判の高いオンラインカジノばかりです。

日本語サポートの利用可能時間が長い

21カジノでは、日本人に安心の日本語サポート体制も整備しています。
毎日16時から翌日9時までの非常に長い時間、日本語サポートが在籍しているため、何か問題が起きても迅速に解決できることでしょう。

特に日本のサラリーマンがよく利用するであろう時間帯に、サポート体制が整っているのはナイスですね。

ちなみに、上記時間帯以外でも、ライブチャットは利用可能です。

しかし、日本語の非ネイティブが、翻訳機を使ったような受け答えをしてくるという評判もあるので、あまり使い物にならないかもしれません。

アカウント登録だけで3650回分のフリースピンを獲得

21カジノでは、0アカウントを登録して電話番号の認証を行えばそれだけで『Master Joker』で利用できるフリースピンを3650回分獲得できます。

21カジノの登録手順を徹底解説【3650回無料フリースピン付き】このページでは、21カジノの最新、最短の登録方法をまとめてみました。登録手順だけでなく、登録ボーナスや登録後にすべきことも解説しています。間違って登録して損をしないためにも、21カジノを始める前に是非チェックしてください。...

一度に100回分進呈ではなく、10回ずつ365日連続で進呈されるというものです。

1回目は登録時、2回目は登録から24時間後、そして3回目以降はログインの度に付与されます。
10回のフリースピン中にボーナスモードに突入できれば、高額の配当を得られる可能性もあるでしょう。

登録だけで1年間毎日のプレイが保障されるという手厚さは、間違いなく業界ナンバーワンです。
完全無料で獲得できるフリースピンなので、登録者たちからの評判も上々です。

ウェルカムボーナスが最大1000ドル+900回フリースピン

21カジノは、新規登録者向けのウェルカムボーナスも超豊富。

初回から4回目までの入金がウェルカムボーナスの対象で、その内訳は以下の通りです。

初回入金ボーナス
  • 最大100ドルの100%ボーナス
  • Vampires vs Wolvesのフリースピン900回分
2回目入金ボーナス 最大500ドルの25%ボーナス
3回目入金ボーナス 最大300ドルの50%ボーナス
4回目入金ボーナス 最大100ドルの100%ボーナス

最低入金額の25ドル以上を入金すれば、ボーナスを獲得できます。

特に熱いのは、初回入金ボーナスです。PragmaticPlayの人気スロット『Vampires vs Wolves』のフリースピンを900回分もらえてしまいます。

登録ボーナスと同様に、一度に進呈されるわけではなく、10回ずつ90日連続で進呈されるというものです。
合計900回転もしていれば、最低でも3回くらいは大勝のチャンスが巡ってくるはずなので、荒稼ぎできる可能性もあります。

ゲームをプレイするだけでお得なボーナスがもらえる

21カジノでは、カジノゲームをプレイするだけでお得なボーナスをもらえるチャンスが生まれます。

特に難しいことは考える必要なく、プレイヤーは好きなゲームで遊んでいればいいだけなので、とても簡単です。
ボーナスオファーはメールで届きますので、忘れずに確認しましょう。

なお、随時で進呈されたボーナスには、10倍の出金条件が課せられます。
また、有効期限は、ボーナス進呈日の23時59分までなので、やや急ぎ気味で使わなければなりません。

詳しくは後述しますが、なぜか21カジノはボーナスの制約だけは、すごく厳しいんですね。

平日の入金で週末専用フリースピンを獲得

21カジノで、平日に25ドル以上の入金を行うと、週末にPragmaticPlayの『Great Rhino Megaways』で21回のフリースピンを獲得できます。

土曜日と日曜日の両日にログインすれば、合計で42回分のフリースピンを獲得です。
毎週平日には1回以上の入金を行い、21カジノで週末を充実させるプレイヤーも多いようです。

PragmaticPlayの人気ゲームでプライズドロップ獲得のチャンス

21カジノは、PragmaticPlayの共同で「デイリープライズドロップ」というキャンペーンを開催しています。
PragmaticPlayの対象ゲームにおいてリアルマネーでの賭けを行うと、プールされた巨額の賞金から、一部賞金を獲得できる可能性があるというものです。

さらに運が良ければ、ウィークリートーナメントプライズで上位に入賞し、1万ドル超えの大きな賞金を獲得できる可能性もあります。

対象ゲームは、以下の通りです。

  • Wolf Gold
  • Mustang Gold
  • Sweet Bonanza
  • John Hunter Scarab Queen
  • Wild West Gold
  • Release the Kraken
  • Chilli Heat
  • Buffalo King
  • Bronco Spirit
  • Great Rhino Megaways
  • Joker Jewels
  • John Hunter and the Book of Tut
  • Hot To Burn
  • Fruit Party

小額のベットでも大きな賞金を獲得できる可能性があるため、見逃し厳禁です。

また、Buffalo KingやSweet Bonanza、Fruit Partyなどは、プライズドロップなど必要ないと思えるくらい、巨大な配当を生んでくれる可能性もあります。

毎日800ドルの賞金獲得のチャンス

月ごとに指定される「今月のゲーム」を開くと、1回分のフリースピンが進呈されます。

そしてそのフリースピンを使って獲得した金額が、全プレイヤーの中で上位5位に入れば、お得な賞金を獲得です。

1位 800ドル
2位 700ドル
3位 600ドル
4位 500ドル
5位 400ドル

このキャンペーンは毎日開催され、過去3か月に1回以上の入金実績があるプレイヤーならば、誰でも参加できます。

ノーリスク・ハイリターンという、ギャンブルの常識を覆すキャンペーンです。
参加資格のあるプレイヤーは、毎日必ず1回は対象ゲームを開き、運試しをしましょう。

日本人プレイヤーにも多く当選者が出ているという情報もあり、なかなか好評のキャンペーンです。

入金可能額に上限なし

21カジノには、入金額の上限がありません。

クレジットカードならば利用可能額の範囲内、エコペイズとヴィーナスポイントならば、ウォレット残高の範囲内で、好きな金額を入金することができます。

どれだけ高額の入金であっても、1回の手続きで済ませられるというのは、非常に簡単です。

入金額に上限がないという点は、ハイローラーから特に大きな人気を得る理由となっています。

ライブゲームは全62テーブルと豊富

21カジノでは、ライブゲームプロバイダとしてEvolution GamingとPragmaticPlay Liveを採用しています。
全部で62テーブル用意されており、非常に豊富です。

また、ライブゲームの種類も非常に多く、プレイヤーは様々なゲームを楽しむことができます。

具体的には、以下のようなライブゲームがあります。

  • ルーレット
  • ブラックジャック
  • バカラ
  • モノポリー
  • マネールーレット
  • メガボール
  • シックボー
  • ディール・オア・ノーディール
  • テキサスホールデム
  • スリーカードポーカー
  • ドラゴンタイガー

ライブカジノはオンラインカジノプレイヤーの中でも、「楽しい」という評判を多数集めています。

ディーラーもイケメンや美女ばかりなのも嬉しいポイントです。

珍しいソフトウェアのゲームもプレイ可能

21カジノのゲーム一覧を見ていると、PLAY’N GOやRed Tiger、NetEntといった親しみ深いプロバイダだけではなく、あまり見聞きしないプロバイダも多数ありました。

具体的には、

  • Iron Dog Studio
  • Greentube
  • Neon Valley Studio

などです。

「有名なソフトウェアのゲームには飽きてしまった」という方は、これまでとはまた違うゲームの楽しさに触れられるかもしれません。

21カジノの悪い評判

21カジノには良い評判ばかりではなく、悪い評判もいくつかありますので、確認しておきましょう。

ボーナスの出金条件が50倍

21カジノのボーナスは出金条件が50倍です。
これは、かなり厳しいですね。

ボーナスの有効期限も21日間なので、計画的に出金条件を消化できなければ、最悪の場合没収されてしまうことになります。

有効期限も、オンラインカジノ名を意識して21日に設定しているのでしょうが、ここはもう少し長くしてほしかったですね。

また、最大ベット可能額も3ドルと、かなり低めに設定されています。

21カジノは特にウェルカムボーナスに大きな魅力があるものの、実際に出金条件をクリアするのはかなり困難である、ということは頭に入れておくようにしましょう。

実際に、21カジノについての悪い評判は、ボーナスの出金条件の厳しさに言及するものが多くなっています。

ボーナスはスロットのみ利用可能

ボーナスを受け取った場合には、プレイヤーはスロットしかプレイできません。

テーブルゲームやポーカー、ライブゲームなどは、すべてボーナスベットの禁止対象とされています。

また、スロットもすべての機種をプレイしていいわけではありません。

以下の機種については、禁止ゲームに規定されており、ボーナスを使った賭けを行うと、ボーナスが没収されてしまいます。

以下のゲームでベットを賭けることは、ボーナス資金でのプレイ時には許可されません。100 Bit Dice, 1429 Uncharted Seas, Aliens, Big Bang, Blood Suckers, Champion of the Track, Dead or Alive, Dead or Alive 2, EggOMatic, Eye of the Kraken, Jackpot Jester 50K, Kings of Chicago, Pearls of India, Peek-a-Boo, Robin Hood, Scrooge, Sea Hunter, Secret of the Stones, Secrets of Christmas, Super Monopoly Money, The Wish Master, Tower Quest, Wizard Shop, Zombies, The Dog House, 5 Lion, Safari King, Hercules & Pegasus, Lady Godiva, Greek Gods, Egyptian Fortunes, Jokers Jewels

引用元:21カジノ ボーナス規約

そのため、ブラックジャックやバカラ、ポーカーなどをプレイしたいという方は、ボーナスを受け取ってはいけません。

他のオンラインカジノでは、テーブルゲームの出金条件消化率が低く設定されてはいるものの、禁止ゲームには規定されていないことが多いです。

出金条件も含めて、ボーナスに関する既定の厳しさには、悪評が目立ってしまいます。

フリースピンの有効期限は24時間

登録ボーナスや初回入金ボーナス、その他のプロモーションを通じて受け取れるフリースピンですが、有効期限は24時間しかありません。

そのため、受け取ったらできるだけ早めに消化する必要があります。

1日あたり最高でも10回までしか無料でのスピンができないため、「一気に多くの回数をスピンしたい」と考えている人は物足りなさを感じるでしょう。

日本円が利用できない

21カジノでは、サイト内の通貨単位をアメリカドルかユーロにのみ設定できます。

残念ながら、日本円に設定することはできません。

そのため、入出金に際しては、為替手数料による余計な損失が発生してしまいます。

入金希望額はクレジットカードの利用可能範囲内でも、為替手数料を上乗せした結果、利用可能枠をオーバーしてしまい、入金が失敗してしまうというケースもあるため、注意が必要です。

マルタ共和国のライセンスのオンラインカジノは、いずれも日本円は利用不可となっているだけに、今後もこの点の改善は見込めないのは残念なところです。

1日当たりの出金限度額は5000ドル

21カジノから出金する場合、どれだけ資金を増やしても、1日当たり最高で5000ドルしか出金できません。

翌日になれば再び5000ドルの出金が可能ですが、スロットで大当たりを獲得したり、幸運にもジャックポットを的中させたりした場合には、複数回に分割して出金しなければならないことになります。

入金フリースピンを受け取った場合のリアルマネーの出金条件に注意

21カジノでは、通常は入金額の1倍以上の賭けを行えば、リアルマネーの出金を行うことができます。

しかし、入金フリースピンを受け取った場合には、その限りではないため注意が必要です。

21カジノのボーナス規約には、以下の記載があります。

入金フリースピンのオファーを受け取った場合、入金した資金は5xの賭け金要件の対象になります。

引用元:21カジノ ボーナス規約

つまり、100ドルを入金して、入金特典としてフリースピンを受け取った場合には、最低でも500ドル以上は賭けなければならないということです。

これは、他のオンラインカジノにはあまり見られない規定だけに、注意が必要です。

入金方法が少ない

21カジノで実際にプレイするためには、アカウントに入金する必要があります。

21カジノの入金手段として利用できるのは、以下の方法です。

  • クレジットカード(VISA・Mastercard)
  • エコペイズ
  • 銀行送金
  • ヴィーナスポイント

JCBのクレジットカードや、最近注目を集めているマッチベター、そして仮想通貨など、他のオンラインカジノでは利用可能な方法が使えないのは、少々残念。

日本人には「JCBのクレジットカードしか持っていない」という人も多いだけに、できれば導入してほしいところです。

ゲーム数がやや少なめ

21カジノでプレイできるゲームは、およそ800種類です。

最近は、2000種類、3000種類のゲームをプレイできるオンラインカジノが増えているだけに、物足りなさは否めません。

特に気になるのは、人気ゲームも多いYggdrasilがないという点ですね。

Yokozuna ClashやMultifly、Sonya Blackjackなど、評判の良いゲームがYggdrasilには多いだけに、21カジノで遊べないのは残念なところです。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、正しいカジノを選べば詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

オンカジギャンブラーの酒場とオンラインカジノ各社のタイアップボーナスキャンペーンを紹介しているので、入金不要ボーナスがほしい、お得にカジノに登録したいという方はぜひチェックしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です