オンラインカジノサイト

ビデオスロッツの良い評判、悪い評判徹底暴露【2020年最新】

2011年より運営されているビデオスロッツは、圧倒的なゲーム数が魅力のオンラインカジノです。ひとたびビデオスロッツに登録しておけば、手持ち無沙汰でやることがない、なんていう悩みを抱くこともないでしょう。
その注目のビデオスロッツが、2019年秋についに日本語サイトをオープンさせました。

そこでこの記事では、ビデオスロッツの特徴について、良い評判と悪い評判から徹底的に紐解いていきたいと思います。

ビデオスロッツとは

まずは、ビデオスロッツの概要について確認してみましょう。

URLhttps://www.videoslots.com/ja/
サービス内容カジノ、ライブカジノ
対応デバイスパソコン、タブレット、スマートフォン(OSは不問)
表示対応言語デンマーク語、ドイツ語、英語、フィンランド語、日本語、ノルウェー語、ルーマニア語、スウェーデン語
表示対応通貨カナダドル、デンマーククローネ、ユーロ、イギリスポンド、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ、アメリカドル
入出金対応方法入金:クレジットカード(VISA・Mastercard)、ecoPayz、Venus Point

出金:ecoPayz、Venus Point

最小賭け金サポートに確認中
最大賭け金サポートに確認中
キャッシュアウト機能
サイト運営企業Videoslots Limited
親会社
所在地Europa Business Centre , Level 3-701 , Dun Karm Street , Birkirkara , BKR 9034 , Malta
認可ライセンスマルタ共和国

ビデオスロッツは、マルタ共和国にあるVideoslots Limitedという会社により運営されています。審査が厳しいことで有名なマルタ共和国のライセンスを取得しているので、誰でも安心して利用することができるでしょう。

ビデオスロッツの良い評判

ビデオスロッツにはどんなメリットがあるのか。良い評判から確認してみましょう。

3500種類以上のゲームを配信

ビデオスロッツの最大の魅力、それはゲームの豊富さです。他のオンラインカジノでは、通常1000種類程度、多くても2000種類程度のゲームを配信しているという中で、ビデオスロッツは3500種類以上。

その数の多さは業界でも圧倒的ナンバーワンです。これだけ多くのゲームを配信できるは、採用しているゲームプロバイダ数が多いためです。
実にその数は136社。

NETENTやMicrogaming、YGGDRASILなどお馴染みのプロバイダはもちろんのこと、他のオンラインカジノではなかなかお目にかかれないようなレアなプロバイダまで、ラインナップは多彩です。ジャックポットスロットが100種類以上配信されているのも大きな魅力です。

他のオンラインカジノで配信されているのに、ビデオスロッツでは配信がない、なんていうことはほとんどあり得ないと言っていいでしょう。

出金スピードが速い

「出金スピードの速さ」と言えば、パイザカジノやビットカジノ、ライブカジノハウスなどがお馴染みですが、ビデオスロッツもそういった顔ぶれに勝るとも劣らない出金スピードがあるという評判です。

https://twitter.com/btcFXmania777/status/1208832273732128768?s=20

なんと、数秒から数分での着金完了という報告もありました。オンラインカジノプレイヤーにとって、出金スピードの速さは非常に重要なポイントの1つと言っても過言ではありません。しかも、ビデオスロッツはポイントバックが魅力のVenus Pointへの出金も可能です。そのため爆速でポイントバックを貯めることも期待できます。

入金方法と出金方法が別でもOK

通常、オンラインカジノにおいては入金方法と出金方法は同一である必要があります。例えば、エコペイズで入金したのであれば、エコペイズでしか出金できないというような具合です。

https://twitter.com/HRcczSBf56eHvUg/status/1240897682060619784?s=20

しかし、ビデオスロッツではエコペイズで入金をして、ヴィーナスポイントで出金するということもできます。よって、ビデオスロッツを通貨の交換所のような形で利用することも可能というわけです。このような使い方ができるオンラインカジノは、10betやNetBetくらいしかありません。

エコペイズしか使えないウィリアムヒルや188betなどのオンラインカジノで稼いだ資金を、ヴィーナスポイントの口座に入れたいと考えているような方は、積極的にビデオスロッツを使いたいところですね。

自分の実績を細かく確認できる

ビデオスロッツには、「私のRTP」というメニューがあります。これは、ビデオスロッツにおける個々のプレイヤーのRTP(ペイアウト率)を確認できるというもの。100%を超えていれば勝てている、99%以下ならば負けているということが一目で分かります。

https://twitter.com/jpcasinoreview/status/1190239995946246147?s=20

さらに、ゲームごとに細かくRTPを確認することも可能です。ビデオスロッツには、非常にたくさんのゲームがあるので、「あれ?この間大勝ちしたあのスロットは何だっけ?」となることも多くなるかもしれません。しかし、すべて「私のRTP」にしっかりと記録されているので、すぐにお目当てのゲームを見つけることができます。

自分が得意な勝率の良いゲームにすぐにアクセスできるというのは、嬉しいポイントです。

新規登録者には最大200ユーロの100%入金ボーナス

ビデオスロッツでアカウントを登録した後、初めての入金を行うと、最大200ユーロまで、100%ボーナスを受け取ることができます。軍資金を一気に増やせるので、初心者プレイヤーにとっては特にありがたいボーナスです。

また、ボーナス額の35倍以上のベットをすることにより、出金も可能な状態となります。

ボーナスは途中でも出金できる

ビデオスロッツのボーナスには、他のオンラインカジノにはない大きな魅力があります。それは、出金条件を10%クリアするごとに、ボーナスの10%分がリアルマネーに変わるというものです。

例えば100ユーロのボーナスを獲得して、合計350ユーロ分のベットが完了したとしましょう。すると、ボーナスの10%にあたる10ユーロはリアルマネーに変化します。もちろん、リアルマネーですから、いつでも出金は可能。

つまり、出金条件はボーナスの35倍以上のベットとは言え、細かくボーナスがリアルマネーへと変わるので、例え満額分の出金条件をクリアできなくても、一部だけでも出金できるというわけです。

他のオンラインカジノならば、ボーナスがある限り、リアルマネーを出金できないか、リアルマネーを出金するとボーナスも全額没収となるかのいずれかです。しかし、ビデオスロッツならばボーナスの出金条件に頭を悩ませることも通常よりも少ないでしょう。

大人気スロット『Starburst』のフリースピン11回がもらえる

ビデオスロッツのアカウントを登録して、24時間以内に入金すると、NETENT社の『Starburst』で使える11回分のフリースピンを獲得できます。

このフリースピンを使って獲得した勝利金には、一切の賭け条件が付されていません。そのため、賭けを行わずにそのまま出金させることもできるという訳です。さらに、最大引き出し可能額の上限もありません。よって、幸運にもフリースピンから莫大な勝利金を獲得した時でも、引き出せないという心配は無用です。

ウィークエンドブースターで賭ければ賭けるほど資金が貯まる

ビデオスロッツには、ウィークエンドブースターと呼ばれるキャッシュバックがあります。これは、毎週金曜日に、前週のプレイ実績に基づいて、ベット額の一部がキャッシュバックされるというもの。

他のオンラインカジノにおけるリベートと同じようなイメージです。1週間の合計賭け金額が大きくなれば、それだけウィークエンドブースターで進呈されるキャッシュも大きくなります。最大で300ドル分まで進呈されます。

このキャッシュバックは、賭け条件がないため、一切の賭けを行わず出金させることも可能です。もちろん、得た資金を元手にして、さらに稼いでいってもOK。毎週300ドルずつ増やし続けることができれば、1年間で1万5600ドルという大金にも成長します。

ビデオスロッツの悪い評判

ビデオスロッツには、いくつかデメリットもあります。悪い評判から、しっかりとデメリットも確認しておきましょう。

日本語サポートの対応時間が短い

ビデオスロッツで何かトラブルやお困りごとがある際には、カスタマーサポートに解決を依頼できます。依頼方法は、Eメールかライブチャットの2通りです。Eメールは24時間利用可能ですが、ライブチャットは平日の午後4時から翌日午前1時までしか利用できません。

ちなみに、日本語対応時間外の場合は、英語での問い合わせは可能です。その英語担当のサポートは、フレンドリーだと意外と好評を博しています。

https://twitter.com/jpcasinoreview/status/1236302433279774722?s=20

入出金方法が少ない

ビデオスロッツの入金方法は、クレジットカード2ブランド(VISA・Mastercard)とエコペイズ、ヴィーナスポイントの4種類、出金方法はエコペイズとヴィーナスポイントの2種類しかありません。

ゲームの充実度とは裏腹に、他のオンラインカジノと比較して、決済方法が少なめなのは難点と言えるでしょう。

取得しているライセンスがマルタ共和国であるため、今後仮想通貨での決済に対応するという見込みもありません。せめて、JCBのクレジットカードと、アイウォレットには対応するなど、少し決済方法の改善を図ってほしいところです。

1日2回以上出金すると手数料がかかる

ビデオスロッツでは、1日1回までは出金時の手数料が無料ですが、2回目以降は出金額に対して2.5%分の手数料が発生します。ヴィーナスポイントでの爆速出金ができるので、入出金を繰り返してポイントバックを貯めていきたいと考えるプレイヤーも少なくないでしょうが、手数料でむしろ損失を被るかもしれないので、注意しましょう。

無料プレイができない

他のオンラインカジノでは、アカウント登録をせずにゲームをお試しでプレイできることが多くあります。また、登録時に入金不要のボーナスを進呈され、それを使ってノーリスクでの賭けを楽しめるものも少なくありません。

しかし、残念ながらビデオスロッツにはその双方がありません。最初の賭けからリアルマネーをベットしなければならないので、特に初心者にとっては、リスクが大きく感じられてしまうでしょう。

ボーナスの賭け条件消化率の計算が分かりづらい

ビデオスロッツでボーナスを獲得した場合、所定の賭け条件をクリアすることで、出金させることができます。他のオンラインカジノと同じように、ゲームごとの賭け条件消化率が定められているのですが、若干複雑で分かりづらいので、注意が必要です。

まず、スロット以外のゲーム(ブラックジャック、ルーレット、バカラなど)は、賭け条件消化率が10%です。つまり、10ドルをベットした時には1ドル分が消化されるという計算です。

しかし、スロットの賭け条件消化率は、その機種のペイアウト率により変動します。基準となるペイアウト率は96%です。ペイアウト率が96%の時、賭け条件の消化率は100%となります。そして、0.1%ペイアウト率が上昇すれば、賭け条件消化率は2.5%低下、逆に0.1%ペイアウト率が低下すれば、賭け条件消化率が2.5%上昇することになります。

機種次第では、最大175%という賭け条件消化率にすることもできますが、やや計算が面倒なのは、デメリットと言えるでしょう。

オンラインカジノで遊んでみよう!

オンラインカジノに興味があるけど、実際にプレイするのはちょっと怖いかも…

そんな人は少なくありません。
しかし、あなたはオンラインカジノについて正しい知識を持っていますか?

ライセンスを取得しているオンラインカジノは非常に安全で、一般的なギャンブルとは比較にならないほど還元率が高いです。
パチンコでは約20%、競馬は約30%、宝くじは50%以上が胴元の取り分になるのに対し、オンラインカジノの運営会社の取り分は平均5%以下です。

つまり、日本の公営ギャンブルよりも公平で、稼ぎやすいということなんです。

さらに、オンラインカジノのライセンスの取得条件は非常に厳しく、詐欺やイカサマは100%ありえません。

日本人に人気のオンラインカジノおすすめランキングを紹介しているので、是非チェックしてください。

また、オンラインカジノはボーナスが非常に豊富です。
入金せずとも登録するだけでボーナスが貰えるところもたくさんあります。

少しでもたくさんボーナスを受け取りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。