ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで勝てないのはなぜ?5つの対策で勝てるようになります

オンラインカジノで日本人にも人気の高いベラジョンカジノ 。多くのプレイヤーがここでゲームに挑戦していますが、なかなか勝てないと思うことはないでしょうか。

そこでベラジョンカジノで勝てない理由と、勝つためにすべきことを説明します。

ベラジョンカジノで勝てない原因

まずはベラジョンカジノで勝てない原因について明確にしておきましょう。原因がわかれば、対策を立てられます。

ギャンブル感覚で遊ぶ

カジノ=ギャンブルと思ってはいないでしょうか。スロットでジャックポットを当てて大金持ちに、というのは夢がありますが、実現の可能性は極めて低いのが現実です。

そして、そのような偶然に期待する低い可能性に賭けるやり方は、ギャンブルと言います。ベラジョンカジノでギャンブルをしている限りは、勝つことはできません。運任せの大当たりに賭けるのはやめましょう。

ギャンブルの画像

ギャンブルとは簡単に言えば、箱の中に当たりくじが入っていて、何回かくじを引いて当たりを引くようなものです。そしてその箱の中には、数万という外れくじのなかにわずか数個の当たりくじが入っています。

このようなくじを引くようなやり方でベラジョンカジノに挑んでも、勝てないのは当然と言えます。
もちろん損をするのを承知のうえで、一発大きく当てるギャンブルを楽しみたいというのであれば構いません。

しかし勝てないと悩んでいるのであれば、それなりの「方法」を取る必要があります。そしてその方法は、ギャンブルであってはなりません。

ギャンブルとしてではなく、どのようにしてゲームに挑めばよいのかは後述します

資金管理ができない

純粋にベラジョンカジノでのゲームを楽しむのであればよいのですが、ほどほどの損失に留めておかなければ、つい熱くなってしまいます。そのうち、膨らんだ損失を少しでも取り戻したいという気持ちが生まれて、さらに賭け金を投じることになります。

しかし、カジノで勝つための方法を用いることなくギャンブルをしていても、損失を取り戻すことは難しいでしょう。これは長くプレイを続けることにより、次第にカジノ側に有利に働くようになっているからです。

カジノにはハウスエッジというものがあります。これはカジノを運営する会社の取り分のようなものです。ハウスエッジが5%とあれば、100ドルを賭けると平均で5ドルはカジノ側に支払うことを意味します。

お金の画像

たとえばルーレット盤を見てみましょう。ボールが落ちる穴には1から36の数字のほかに、”0”という緑の数字があります。アメリカンルーレットの場合にはさらに、”00”もあります。そして1から36の数字には赤と黒の色が塗られています。

赤か黒に賭ける場合、それぞれの18個のポケットのほかに緑の”0”(さらには”00”)という、どちらにも属さない色が出たら無条件に外れます。

これがカジノ側に入る手数料であり、「ハウスエッジ」と呼ばれるものです。つまり、長くゲームを続けていると、このハウスエッジの分だけ確実に損をすることにつながります。

そこでまずは、資金管理をしなければなりません。損失はここまで、と決めておかなければ、ズルズルと損失を膨らませてしまいます。

これは人の心理に関わることなので、損失を膨らませない仕組みを作らなければならないことを意味します。どうしてもベラジョンカジノで勝てないという人は、どんなに悔しいと思っても、損失額はいくらまでと決めておく必要があります。投資で言えば「損切り」をして、塩漬けの損失を膨らませないということです。

感情的になってしまう

ベラジョンカジノでの損失を膨らませると、次第に感情を揺さぶられるようになります。これはカジノに限らず、投資活動でも同じです。カジノも投資も、シミュレーションではうまくいくのに実際に自分のお金を賭けるとうまくいかないというのは、この感情が行動に影響を与えるからです。

人は誰でも自分のお金が絡むことには、何かしらの感情が生まれます。時に恐怖や不安といった気持ちに押しつぶされそうになるのです。

そして人は誰でも、自分のお金を失うことになれば「何とか取り戻したい」という気持ちが生まれます。その結果、勝率が低く払い戻しの倍率が高いギャンブルに賭けようという行動に移るようになります。もちろん当たる確率は低いので、損失を膨らませる可能性が高まります。

しかし感情をコントロールするのは難しいものです。そのためにも、前もって資金管理というルールを作り、自分自身を追い込むことをしないということが必要になるのです。

確率を意識していない

ベラジョンカジノでも、いわゆる「カジノのプロ」がひっそりと活躍しています。そのようなカジノのプロはみな、確率をうまく利用しているものです。決して運が良いから勝てるというわけではありません。

ベラジョンカジノで勝てないという人は、まず確率について勉強することをおすすめします。

たとえば、コインを投げて表が10回連続して出たとしたら、次は裏が出る確率は高くなる、と考えるなら勉強が必要です。何回連続で表が出ようとも、次に裏が出る確率は変わらずに「2分の1」です。

1/2×1/2×1/2×1/2×・・・

よく、表が連続して出る確率をこのように計算をする人がいますが、これは間違いです。

何度連続しようとも、表も裏も次に出る確率は2分の1であり、それまでの結果に影響されるようなことはありません。

しかし確率に関する誤解をする人は多く、それだけ損をする人は多いということです。そして確率についてきちんと理解し、勝てるゲームをする一部の人が稼ぐという図式が生まれます。

この点を理解しておかなければ、ベラジョンカジノでは勝てないでしょう。

勝てない人がすべき5個のこと

ではベラジョンカジノで勝てない時に、具体的に何をすればよいのでしょうか。詳しく説明します。

ゲームを見直す

まず最初に基本的なことですが、ベラジョンカジノで「どのゲームを選ぶのか」が大きなポイントになります。

具体的にはルーレットやバカラのように、毎回の当たる確率が明確であるゲームを選ぶことが大事です。

ルーレットもバカラも、確率がほぼ半々であったり3分の1であったりと、一定の割合で当たりが出るようになっています。しかしブラックジャックのような戦略性の高いゲームや、確率が見えにくいスロットなどはどの程度の割合で勝てるのかが見えにくいものです。

あとで説明する戦略を立てるためにも、ルーレットやバカラのように当たる確率がわかりやすいものを選びましょう。

勝ちやすいゲームは何かを知っておく

勝ちやすいゲームとは、戦略を立てやすいゲームのことです。

たとえばルーレットの赤黒であれば、赤か黒のどちらかに賭けるだけという、シンプルな方法でベットできます。しかしブラックジャックやポーカーなどは手札によって賭け方は変わりますし、ゲームを進めるための知識が必要です。

できる限りシンプルなルールで、確率のもとで結末が出るゲームこそ、勝ちやすいゲームと言えます。

次に考えるのは「戦略」です。

戦略を考える

確率がほぼ半々で配当が2倍のゲームなら、投じたお金のほとんどは手元に戻ることになります。もちろんこれは確率の問題であり、実際のベラジョンカジノでは偏りが生じるので、損失が続くことは珍しくありません。

そこで勝つための戦略を考える必要があります。

実はこの戦略を立てるためにも、できる限り当たる可能性が高く配当率が低いゲームを選ぶことが必要になります。戦略はシステム的に(ルールを決めて)ベットするという形になるので、たとえば当たる確率がほぼ半々だと戦略を立てやすくなります。

たとえばルーレットの赤黒には、「マーチンゲール」という有名な方法があります。これは当たりが出るまでひたすら、賭け金を倍にしていくという方法です。最後に当たりが出れば、最初の賭け金が利益として残ります。

マーチンゲールの弱点は、連敗が続くと賭け金がかなり大きくなるということです。10回連続で負けると、11回目には賭け金は最初の1024倍にもなってしまいます。

そこでこのリスクを軽減させるための戦略を考える必要があります。カジノのプロはみな、何かしらそのような自分なりの戦略でゲームに挑んで利益を出しています。

当てようという気持ちを捨てる

ベラジョンカジノで勝つためには、「当てようという気持ちを捨てる」ことが大事です。

当たらなければ勝てないのでは、と思うかもしれません。しかし必要なことは「利益を出すこと」であり、ゲームの勝ち負けにこだわることではありません。

つまりベラジョンカジノで勝てない、というのは、「利益が出ない」と解釈することが大切です。

たとえ勝負に3回負けても、2回の勝ちで利益が出ればよいのです。このように発想を切り替えましょう。カジノの戦略も、いかに勝つかではなく、いかに少ない勝ちでも利益を生み出すかを軸にしています。

ベラジョンカジノに挑む際には、当て方ではなく利益の出し方に焦点を絞って戦略を立てましょう。

資金管理をする

ベラジョンカジノで勝てない原因に、資金管理ができていないことを挙げました。勝つためには(つまり利益を出すためには)資金管理をいかに行うかが重要です。

カジノの戦略には、絶対はありません。たとえばルーレットの場合、赤か黒のどちらかが10回以上連続で出るということは、決して珍しくありません。そのような事態にも耐えられるような資金管理が必要です。

たとえばマーチンゲール法での戦略を立てるとします。7回までは連敗に耐えるとすれば、8回目の賭け金は最初の128倍になるので、最初が1ドラであれば128ドルの賭け金とそれまでの損失の127ドルの、合計255ドルは必要です。

この倍以上の資金を持っていれば、最初の賭け金は2ドルにできます。このように耐えられる損失額を加味して賭け金設定をするようにしましょう。

勝つための戦略の立て方

ベラジョンカジノで勝つための戦略の立て方を説明します。

プレイヤーに有利な時に賭け金を増やす

これはカジノで勝つための基本です。ベラジョンカジノでどうしても勝てないという人は、賭け金の管理を考えましょう。

たとえばブラックジャックには、カードカウンティングという必勝法があります。これはカジノ側でも有効性を認めているので禁止しています。

カウンティングというのは、すでに配られたカードを数えて、まだ配られていないカードの中に大きな数字のカードがどの程度残っているのかを数える方法です。

ブラックジャックでは、配られていないカードの中に大きな数字のカードが多くなるほど、プレイヤー側に有利になります。

そのような有利な状態になった時に賭け金を増やすというのが、カードカウンティングの仕組みです。

ほかのゲームにおいても、いわゆる攻略法と呼ばれる戦略はたいてい、この仕組みを利用しています。

ダランベール法を試してみる

ルーレットの赤黒やバカラのような当たる確率がほぼ半々のゲームで有効なのが「ダランベール法」です。これは外れたら賭け金を増やし、当たれば賭け金を減らすというベットシステムです。

ダランベール法って何?カジノで有効なのかシミュレーションしましたこの記事では、【ダランベール法】についてわかりやすく解説し、稼げるか検証シミュレーションしてみました。ダランベール法が有効なゲームもまとめているので、初心者でもダランベール法を使って稼ぐことが可能です。もちろん、オンラインカジノでも有効な戦略です。...

マーチンゲールのように一度の当たりで損失すべてを回収できませんが、負けと勝ちを繰り返すことで利益を積み上げることができる 方法になります。

モンテカルロ法を試してみる

カジノを潰したとの逸話もある戦略です。1・2・3と紙に書いて、数列の両端の数字を出した金額を賭けます。ルーレットの赤黒やバカラのように、確率がほぼ半々のゲームで行います。

モンテカルロ法でカジノを攻略シミュレーション【本当に稼げる?】この記事では、モンテカルロ法を使ってオンラインカジノのゲームを攻略シミュレーションしてみました。オンラインカジノのメジャーなゲームを使ってシミュレーションしているので、モンテカルロ法で稼げるかどうかが実際に見てわかると思います。...

当たれば数列の両端の数を消して、外れたら数列の右端に賭け金を書き加えて、再度両端の数字の合計を賭けます。すべての数字が消えれば最初の1・2・3の合計数が利益として残ります。

まとめ

ベラジョンカジノで勝てない時には、見直すことが多いものです。少なくとも確率についての知識を得ること、プレイするゲームを選ぶことと戦略を立てることを押さえておけば、負ける可能性は低くなります。そのうえで、いかに利益を出すかという戦略を立てることに注力すれば、勝てないと悩むことはなくなるでしょう。

ベラジョンカジノで遊んでみよう!

ベラジョンカジノは日本人人気No1のオンラインカジノ!

早い出金スピード、親切なサポート、豊富なゲーム数に高い評価を得ており、何よりお得なボーナスキャンペーンを実施しているので少ない資金でもしっかり遊べます。

もちろん、無料で遊べるゲームもたくさんあるのでお金を賭けなくても大丈夫!

オンラインカジノの興味があるなら、まずはベラジョンカジノから始めてみることをおすすめしますよ!

もし、どの業者で遊ぶかまだ迷っているのなら、オンラインカジノのおすすめランキングをチェック!
あなたにあったオンラインカジノが必ず見つかります☟